HOME大学案内大学紹介

学祖

高楠 順次郎博士

高楠 順次郎博士02

高楠 順次郎(タカクス ジュンジロウ)
[1866(慶応2)年~1945(昭和20)年]
国際的仏教学者。仏教精神を根幹とした人格育成を理想に掲げ、武蔵野大学の母体である武蔵野女子学院を設立。女子教育の必要性と女性の社会進出を肯定的に考えた先覚者でもあります。1944年文化勲章受章。

経歴

広島県御調郡八幡村字篝(現三原市)の農家沢井家に7人兄弟の長男として生まれた。幼いころから祖父に漢籍を習ったが、旧家とはいえ進学するだけの余裕はなく、14歳で小学校教員として働き始めた。21歳の時、西本願寺が京都に創設したばかりの普通教校(現龍谷大学)に入学。その後、請われて神戸の裕福な高楠家の婿養子となり、その援助で英国に留学、オックスフォード大学でM.ミュラーに師事した。その後、ドイツやフランスにも留学。帰国すると東京帝国大学(現・東京大学)で教鞭をとり、1897年に梵語学講座を創設、自ら研究に励んだだけでなく、宇井伯寿、木村泰賢、織田得能、辻直四郎など多くの逸材を育てた。

受賞学術賞

1944年 文化勲章受章

年表

1866年 広島県御調郡八幡村字篝で生まれる
1885年 普通教校(現龍谷大学)へ入学
1887年 反省会設立。『反省会雑誌』(後の『中央公論』)刊行
1889年 普通教校卒業
1890年 単身で英国に留学
学祖 高楠順次郎全集(e-book)

学祖 高楠順次郎全集(e-book)


高楠順次郎全集は、本学学生・教職員等が学内LANに接続するPC端末から見ることができます。書籍版高楠順次郎全集(教育新潮社刊・全10巻)は書店でお求め下さい。

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職