HOME大学案内大学紹介武蔵野大学式辞集

令和3年度 卒業式・修了式 式辞

令和2年度卒業式・修了式式辞2

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。ご家族、関係者の皆様にも心よりお慶びを申し上げます。本日は、大学経営担当常務理事、学部長、学科長の皆様、教職員の皆様にもご臨席たまわり、令和3年度の卒業式を挙行できますこと、大変ありがたく存じております。今年度の卒業式は、新型コロナウイルスの感染症拡大防止のために、ご家族の皆さまにおかれましては直接ご参加いただくことがかないませんでしたが、オンラインの中継を通してお子様方の晴れ姿をご覧いただき、ご一緒にお祝いできれば幸いです。
 
さて、本学は、仏教精神に基づく人格教育を建学の精神に掲げて設立・運営されている大学です。仏教において大切にされている言葉に、「恩」という言葉があります。「心」という字の上に原因の「因」という字を書きます。その言わんとするところは、この私のいのちを生み出し、育み、ささえてきてくださった様々な働きに対して深い感謝の念を抱くことにあろうかと思います。本日卒業される皆さんも、本学の人格教育にふれる中で、親御さんを始めお世話になった多くの方々に対し、深い恩を感じながらこの卒業式に臨んでいることと思います。いただいたご恩を、いただいた方にそのまますべてお返しすることは難しいけれども、恩を感じた皆さんがこれからの人生において、世界の幸せを生み出す新たな因となって活躍されることを心から願っています。
 
卒業生の皆さん、皆さんは大学生活の後半、この二年余りにわたり、新型コロナの感染症拡大の中で、武蔵野大学の学生としての本分を忘れることなく、ゼミや卒業研究、就職活動、資格試験、大学院進学などの諸活動に懸命に取り組んでこられました。その甲斐あって、本日、晴れて卒業の日を迎えられました。一昨年の春に感染拡大がはじまった時、4月に緊急事態宣言下で急遽オンラインでの授業がスタートしました。いつでも、どこでも、どんな時でも、学びをやめない、ということを本学の学びの基本スタンスと位置づけながら、慣れないオンラインでの授業を開始しました。皆さんには、本日の卒業に至るこの二年間、いろいろとご不便、ご不自由をおかけしたことと思いますが、教員にとっても慣れない新たな学修スタイルの中で、最大限の教育の質を担保しようと懸命のチャレンジでした。皆さんが、そのような困難にもくじけることなく学業に専念され、本日のご卒業を迎えられましたこと、この二年間のチャレンジにまずもって心より敬意を表します。
 
さて、昨夜も東北地方を中心に大きな地震がありました。お亡くなりになられた方に謹んで哀悼の意を表します。また、ご不安の中で眠れない夜を過ごされた方も少なくなかったことと案じておりますが、振り返ってみれば、今から11年前の2011年3月11日には東日本大震災が起こり、卒業式は中止となりました。あれから10年目の一昨年の卒業式は、新型コロナの感染症拡大の中で中止となりました。起こった事象は異なりますが、10年に一度、卒業式を中止にしなければならないほどの大変な事態に向き合わざるを得ない、私たちはそういう時代を生きています。
 
もちろん、このような事態の発現は、何も現代において始まったことではなく、人類の歩みを考えてみれば、古代においても中世においても、いつの時代においても生存を脅かす事象の発生は日常茶飯事でした。それでは、古代や中世の危機と今日人類が直面している危機は同じかというと、それは質をまったく異にしているように思います。今日、私たちが向き合っている危機、あるいは懐胎している危機は、人類全体の存亡を左右しかねない危機であり、地球環境全体を根こそぎ破壊しかねない、再生不能な不可逆的な危機が深化している状況です。
 
そしてまた、皆さんも、今、最も心を痛めておられる世界の情勢は、やはりウクライナの情勢ではないかと思います。何千人もの民間人が、生まれたばかりの赤ちゃんからお年寄りに至るまで、無辜の命が、爆撃で、銃撃で奪われています。映像を通して現地の惨状を見るにつけ、武蔵野大学においても、過去に悲しいできごとがあったことを思い起こさざるを得ません。1944年12月3日、この武蔵野キャンパス一帯は、爆撃に見舞われました。当時の武蔵野女子学院高等女学校の生徒は、学徒勤労動員でキャンパスの北にあった中島飛行機製作所にて作業に従事していました。空襲警報の鳴り響く中、キャンパスに逃げ帰り、防空壕に逃げ込んだ女子生徒たち、その中の4名が、投下された爆弾の直撃を受け、若き命が散華するところとなりました。本学のブランドステートメントは、「世界の幸せをカタチにする。」ですが、英語では “Creating Peace&Happiness for the World” です。幸せとともに、その前提としての平和への願いも込められています。そして、その願いは、本学の過去の悲しい経験からも発せられているものなのです。

ウクライナの事態に対する、3月1日の学長声明でもご紹介しましたが、『ブッダの真理のことば 感興のことば』(中村元訳、岩波文庫)「第10章 暴力」の一節には次のように述べられています。

すべての者は暴力におびえ、すべての者は死をおそれる。
己(おの)が身をひきくらべて、殺してはならぬ。殺さしめてはならぬ。
すべての者は暴力におびえる。すべての(生きもの)にとって生命は愛しい。
己が身にひきくらべて、殺してはならぬ。殺さしめてはならぬ。

自分自身の身に置き換えて考えれば、他者の生命を脅かし奪い去る暴力は容認することはできません。ロシアが一刻も早く武力侵攻を中止し、ウクライナから全面撤退することを望みます。また、恐怖の只中にあるウクライナの人々に、安穏な生活が一刻も早く取り戻されることを願います。
 
卒業式の晴れの場で、コロナや地震や戦争などの話をする必要があるのかと思われるかもしれませんが、皆さんは、「世界の幸せをカタチにする。」というブランドステートメントを掲げた武蔵野大学の卒業生として本日、この場に臨んでいます。そうであればこそ、このような状況をしっかりと見据えた上で、その解決を目指していく、ハピネス・クリエイターとしての志を胸に世界に巣立っていただきたいのです。本日の式典は時間が限られていますので、十分に思いをお伝えすることがかないませんが、皆さんが慣れ親しんだキャンパスに張り巡らされているポスター、「2050年のあなたへ。」を読み上げて、卒業の餞にいたします。
2050年のあなたへ。

20歳の学生であるあなたが50歳になる、2050年。あなたを取り巻く世界は、どんな世界だろうか。

気候変動による異常気象、災害が頻発し、資源や食料を奪い合う国家間の紛争が多発し、

あなたを含む、多くのいのちが危機を迎えている。今の私たちはそんな可能性を決して否定できずにいる。



人間が生きるということそのものが、動植物のいのちをいただくことで成り立っているように、

生きとし生けるものが繋がっている世界。

「自分さえよければ」が誰かから生じれば、その繋がりごと壊れてしまう。

無関心でいられる安全地帯など誰にもなく、「自分」さえも生を持続させることができない。



そんな世界にしないためのたたかいこそが、これからの学問。

誰かの痛みを放っておけない感性と、「ひとりよがり」から踏み出していく勇敢さをもって、

私たち、武蔵野大学は挑み続ける。

国連が提唱するSDGs達成への取り組みや、課題解決力を持ったクリエイティブな実践者を輩出する

未来創造型プログラムなど、2020年、私たちの全学的なアクションが始まっている。




困難はある。でも武蔵野で学んだ者はあきらめない。

「世界は、幸せか」と問い続け、応え続けていく。

私たちにはできる。



世界は、幸せか。
これから、卒業して諸方面で生きていく中で、あなたが学んだ大学はどういう学校か、尋ねられることがあるかと思います。その時は、「世界の幸せをカタチにする。」をブランドステートメントに掲げている大学に学んだこと、自分が専門にしていた学問もその大きな目的のための学問であったこと、そして多くの仲間が同じ思いで大学生活を送ってきたこと、それらのことを胸張って語っていただきたいと思います。
 
これまで武蔵野大学において身に付けた、他者の幸せを願うしなやかな感性、問題解決に取り組むアクティブな知性、そして未来の価値を生み出す豊かなクリエイティビティ、創造性、これらを力に、皆さんが50代になる2050年の未来に向かって、世界の諸課題に向き合い、「世界の幸せをカタチにする。」ハピネス・クリエイターとして活躍されることを心から念じ、卒業式の式辞といたします。
 
 
ご卒業、おめでとうございます。
令和4(2022)年3月17日、18日
武蔵野大学学長 西本 照真
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究