20歳の学生であるあなたが50歳になる、2050年。あなたを取り巻く世界は、どんな世界だろうか。
気候変動による異常気象、災害が頻発し、資源や食料を奪い合う国家間の紛争が多発し、
あなたを含む、多くのいのちが危機を迎えている。今の私たちはそんな可能性を決して否定できずにいる。
人間が生きるということそのものが、動植物のいのちをいただくことで成り立っているように、
生きとし生けるものが繋がっている世界。
「自分さえよければ」が誰かから生じれば、その繋がりごと壊れてしまう。
無関心でいられる安全地帯など誰にもなく、「自分」さえも生を持続させることができない。
そんな世界にしないためのたたかいこそが、これからの学問。
誰かの痛みを放っておけない感性と、「ひとりよがり」から踏み出していく勇敢さをもって、
私たち、武蔵野大学は挑み続ける。
国連が提唱するSDGs達成への取り組みや、課題解決力を持ったクリエイティブな実践者を輩出する
未来創造型プログラムなど、2020年、私たちの全学的なアクションが始まっている。
困難はある。でも武蔵野で学んだ者はあきらめない。
「世界は、幸せか」と問い続け、応え続けていく。
私たちにはできる。

世界は、幸せか。

  • 今を生きる私たち
  • 学生インタビュー
  • 200728_0399

    礒部 有希

    人間科学科3年
    学友会 会長

    200728_0507

    岸本 崇聖

    法律学科3年
    大学祭実行委員会 委員長

    200728_1082

    西田 侑加

    日本文学文化学科3年
    学友会 副会長

    200728_0994

    黒崎 圭祐

    教育学科3年
    アカペラ同好会MAM 部長

    ※ 各学生の学年・所属は、取材時2020年8月のものです
    大学案内
    入試情報
    教育
    学部
    大学院(研究科)
    研究科(一覧)
    研究
    研究所・研究室・センター
    学生生活・就職

    大学案内

    入試情報

    教育

    研究