学問の地平から
教員が語る、研究の最前線
第20回 臨床心理学
本学の教員は、教育者であると同時に、第一線で活躍する研究者でもあります。本企画では、多彩な教員陣へのインタビューをもとに、最新の研究と各分野の魅力を紹介していきます。
第20回 臨床心理学人間科学部 人間科学科 中島 聡美 教授
悲しみに沈む心に寄り添う治療を届ける
name
Profile
筑波大学医学専門学群卒業。筑波大学大学院医学研究科博士課程修了。博士(医学)。専門は精神医学、被害者学、臨床心理学。常磐大学コミュニティ振興学部助教授、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所成人精神保健研究部犯罪被害者等支援研究室長などを経て、2018年より現職。武蔵野大学認知行動療法研究所長。
犯罪被害や災害は、人の心身にとても大きな衝撃を与えます。誰もが混乱し、強い不安を感じます。このような反応は異常な状況に直面したことで生じる人間の正常な反応であり、時間の経過とともに和らいでいくことも多いのですが、一方、強い恐怖や不眠、不安が続き、心的外傷後ストレス障害(posttraumatic stress disorder, PTSD)やうつ病のような精神疾患をきたす場合も少なくありません。またこのような出来事で大切な人を失った遺族では悲嘆が長期に続く「複雑性悲嘆(遷延性悲嘆症)」も見られます。そのような人々に対する心理療法の開発や効果検証に取り組み、臨床の現場でケアや治療を実践する中島聡美先生の研究を紹介します。
研究の背景
犯罪被害者や遺族の心理的ケア
1996年、当時勤務していた常磐大学で被害者支援センターの設立に関わることになったのを機に、精神科医として犯罪被害者の心理的ケアや支援に取り組むようになりました。その前年には阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件が起こり、日本でもトラウマやPTSDの問題が少しずつ注目され始めた時期です。しかし、まだ精神医学や心理学の領域でも被害者支援はマイナーな分野で、誰かが治療やケアをしなければ、という強い思いを抱いたことが、この分野を専門にしたきっかけの一つです。本学の副学長であり、当時から被害者支援に力を尽くされている小西聖子先生が大学院の先輩だったことにも後押しされて、被害者や遺族が抱える精神的問題の病態と治療の研究を始め、現在は犯罪被害や自死などの遺族に多くみられる複雑性悲嘆の治療の開発と効果の検証を中心に研究を行っています。
研究について
複雑性悲嘆の日本版治療プログラムを開発
-何年も悲しみが続く「複雑性悲嘆」-
複雑性悲嘆とは、大切な人を失ったりした時の悲しみが長期にわたって緩和されず、対人関係や社会生活に支障をきたしているような状態をいいます。

家族や親しい友人を亡くして、悲しんだり気分が沈んだりする。それ自体は自然なことで、もちろん病気ではありません。仏教ではお葬式から1年経つと一周忌の法要がありますが、ちょうどそのくらいの時期になれば、多くの人は悲しみが和らぎ、元の生活に戻っていきます。しかし複雑性悲嘆は、そうした通常の悲嘆に比べて悲しみの感情が非常に強く、「何年経ってもお葬式の日と同じくらい悲しい」「亡くなった方への思いにとらわれて社会生活が立ち行かない」といった状態になってしまうのです。特に犯罪被害、災害、自死の遺族に多く見られ、2019年にはWHOの疾病分類であるICD-11で「遷延性悲嘆症(prolonged grief disorder)」という精神障害に位置づけられました。
sub1

日本での調査研究では、死別を経験した人の2.4%が複雑性悲嘆の状態にあると報告されています。昨年日本で亡くなった人は、約145万人。その数倍の遺族がいると考えれば、「2.4%」は決して少ない人数ではないでしょう。しかし、それほどたくさんの人が苦しんでいる問題でありながら、複雑性悲嘆の専門的な治療や支援は、まだほとんど行われていません。この状況を何とかしたいと考え、コロンビア大学(米国)のキャサリン・シア(Sher, K.)先生が開発した複雑性悲嘆の治療プログラム(complicated grief treatment, CGT)を日本に導入し、有効性を検証する研究を始めました。

-喪失の悲しみに向きあうことに寄り添う-
複雑性悲嘆は、通常の悲嘆のプロセスが、さまざまな要因でストップしている状態だと考えることができます。CGTは、その「要因」に焦点を当て、正常な悲嘆のプロセスに導いていく治療です。たとえば、家族の死があまりもショックで現実として受け止められていない方が多いのですが、この治療では、亡くなった時に立ち返って、繰り返し語ることで、徐々に死の現実と向き合えるようにしていきます。悲しい経験を思い出すのはつらいことですが、それを繰り返していくうちに、次第に大切な人の死の経験が自分の人生の記憶に組み込まれ、回復へと向かっていくのです。また、悲しみに向きあうだけでなく、大切な方を大事にしつつも、自分自身の生活に希望や夢をもつことも促していきます。アメリカで開発されたこの治療法を、日本で普及しやすいプログラム(日本版複雑性悲嘆治療,J-CGT)に改良し、本学の認知行動療法研究所で臨床研究を行っているところです。
sub2

また、CGTを元にしたオリジナルの悲嘆の集団認知療法「ENERGY(Enhancing Natural Emotional Recovery for Enduring Grief and Yearning: 悲しみとともに生きる)」を開発し、その効果検証も進めています。ENERGYは、少し症状の軽い複雑性悲嘆の方や、通常の悲嘆であっても苦痛の著しい方を対象にしたグループセラピーです。CGTは精神科医や公認心理師が行う専門性の高い治療ですが、ENERGYは、保健師や看護師の方も行えるプログラムで、災害後の地域や緩和ケア医療などさまざまな場所で実施できることを目的としています。

-悲嘆を複雑化させる「コロナ禍の死」-
この2年間、世界は新型コロナウィルス感染症の蔓延に苦しんできました。コロナ禍における死は、遺族の悲嘆を複雑化させる可能性が非常に高く、今後、ケアや治療を必要とする遺族が増えるのではないかと危惧しています。

コロナ禍では、高齢者施設や病院で面会が制限され、多くの家族が看取りをすることができませんでした。特に感染拡大初期、新型コロナが原因で亡くなった方の遺族は、ご遺体と対面することさえ叶わず、自宅に戻ってくるのは火葬された後という、通常の死別とはあまりにも違う状況に置かれました。突然そうしたお別れを余儀なくされた遺族には、強い罪悪感が残り、悲嘆のプロセスが正常に働かなくなる方が増えることも予想されます。コロナ禍の中で親しい人を亡くした方へのケアには、もっと目を向ける必要があると考えています。
臨床でPTSDや犯罪被害者の治療も
複雑性悲嘆の研究のほか、PTSDの治療研究、犯罪被害者のメンタルヘルスや治療に関する研究にも継続的に取り組んでいます。

複雑性悲嘆が遺族の方が抱える問題であるのに対し、PTSDは被害に遭ったご本人が抱えてしまう問題です。1990年代半ばに私が被害者支援に関わり始めたころ、日本ではPTSDに対する有効な治療法がなかったため、米国で開発された持続エクスポージャー療法(prolonged exposure therapy, PE)を日本に導入して効果を検証する研究に関わるようになりました。現在は、同じくPTSDに対する治療法の一つである認知処理法(cognitive processing therapy, CPT)の効果研究にも関わっています。どちらの治療法も、まだ日本で受けられる場所は少ないのですが、本学では心理臨床センター、認知行動療法研究所でPEやCPTの臨床活動を行っています。
sub3

WEBサイト

▲犯罪被害者のメンタルヘルス情報ページ:http://victims-mental.umin.jp/
 武蔵野大学心理臨床センターのHP(https://www.musashino-u.ac.jp/rinsho/)から入ることができます。