HOME教育武蔵野大学の教育

武蔵野大学の教育

教育研究上の目的

ここでは、本学の学部、学科、研究科、専攻ごとの教育研究上の目的を一覧で紹介しています。
各目的については、
学部・学科のページ内でも紹介しています。

本学の目的

本学は、教育基本法及び学校教育法に準拠し、かつ、仏教精神を根幹として学識、情操、品性ともにすぐれた人格を育成するとともに、学問の研究を深め、日本文化の進展に寄与することをもって目的とする
大学

文学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、文学を学び、文化を理解し、社会で活躍できる表現・伝達能力を身につけた人材の育成を目的とする
文学部

日本文学文化学科の目的

日本文学及び日本の文化を学ぶことを通じて豊かな感性を養い、読解力・表現力・創造力・批評力を身につけ、新しい文化を創造することのできる人材の育成を目的とする
日本文学文化学科の目的

グローバル学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、複数の言語を駆使し、多様な学生や多文化との関わりの中で、広い視野をもってグローバルな視点から問題発見・課題解決ができる人材の育成を目的とする
グローバル学部

グローバルコミュニケーション学科の目的

英語、中国語、日本語の内、母語以外の2言語を駆使し、言語文化を中心とする知識を有し、グローバルな環境で活躍することのできる人材を育成する
グローバルコミュニケーション学科

日本語コミュニケーション学科の目的

日本語の高度なコミュニケーション能力と課題解決能力を有し、国際社会に日本語と日本文化を発信するなど、グローバルに活躍できる人材を育成する
日本語コミュニケーション学科

グローバルビジネス学科の目的

英語を含む複数の言語を駆使し、ビジネス社会でグローバルに活躍できる人材を育成する
グローバルビジネス学科

グローバル・コミュニケーション学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、複数の言語を駆使しながら多様な文化の中で活躍できる人材の育成を目的とする。

グローバルコミュニケーション学科の目的

日本及び国際社会で複数の言語(日本語、英語、中国語)を駆使しながら多様な文化を十分理解し、ビジネス、教育、学術の分野において、文化的・社会的・経済的発展に国際的に活躍することのできる人材を育成する。

法学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、法律学又は政治学の専門的な知識を養い、普遍的なものの見方、考え方を身につけ、 共生の視点を持って課題発見・解決のできる人材の育成を目的とする
法学部

法律学科の目的

幸福な生活の実現に役立つ実用的な法律知識と考え方を身につけることによって、共生の視点を持って持続可能な社会の形成に貢献できる人材を育成する
法律学科

政治学科の目的

自分を取り巻く社会環境を理解し、公共精神と共生の視点をもった市民としての能力・技能を身につけることによって、持続可能な社会の形成に貢献できる人材を育成する
政治学科

経済学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、経済学又は経営学の専門的な知識を養い、普遍的・科学的なものの見方、考え方を身につけ、共生の視点を持って課題発見・解決のできる人材の育成を目的とする
経済学部

経済学科の目的

国際化した社会の中で、高い倫理観と共生の視点を持ち、社会貢献と自己実現を目指して、経済学の方法と知見によって普遍的・科学的なものの見方・考え方を習得することで、問題発見・解決ができ、国内外の企業や官公庁など幅広い分野での活躍ができる人材を育成する
経済学科

経営学科の目的

国際化した社会の中で、高い倫理観と共生の視点を持ち、社会貢献と自己実現を目指して、経営、会計、金融等の専門知識を基に、国内外の優良企業やベンチャー企業等のビジネス分野及び非営利・公共分野等で活躍できる有為な人材、チャレンジ精神あふれる起業家や中小企業の事業承継者、並びに公認会計士、税理士、ファイナンシャルプランナー等の専門人材を育成する
経営学科

政治経済学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、社会科学の専門的な知識を養い、普遍的なものの見方、考え方を身につけ、共生の視点を持って課題発見・解決のできる人材の育成を目的とする

政治経済学科の目的

変動する社会の中で政治経済の専門的な知識を養い、普遍的なものの見方、考え方を身につけ、共生の視点を持って課題発見・解決のできる人材の育成を目的とする

経営学科の目的

国際化した社会の中で、経営倫理と共生の視点を持ち、かつ組織の経営に必要な戦略、人材マネジメント、財務、会計、マーケティング等の専門的な知識に基づき、チャレンジ精神を発揮して、国内外のリーディング・カンパニー及びベンチャー企業や官公庁等で活躍できる人材を育成するとともに、併せて、中小企業の事業承継者候補、公認会計士、税理士等の専門人材も育成する

人間科学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、人間が直面する歴史的・社会的諸課題を、心理、生命、社会、福祉などの側面から科学的に理解し、実践的に解決できる人材の育成を目的とする
人間科学部

人間科学科の目的

人間の心理、生命、社会行動を科学的方法論に基づいて研究し、人間が直面する諸課題を人間尊重の立場にたって実践的に解決できる人材の育成を目的とする
人間科学科

社会福祉学科の目的

人と社会の共生を実現しようとする人格を育成するとともに、社会福祉またはこれに関連する実践的で専門的な知識と技術を持つ人材の育成を目的とする
社会福祉学科

工学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、専門的な知識を養い、持続可能な社会構築に向けて主体的に参画し、工学的手法により課題解決のできる人材を養成する
工学部

環境システム学科の目的

持続可能な社会構築に向けて、環境科学の専門能力、幅広い環境関連分野の知識を身につけ、システム的思考をもって主体的に社会参画し、一般社会を啓発できる人材を育成する
環境システム学科

数理工学科の目的

自然現象や社会現象をモデル化して理解し、システム設計に応用することができる人材や、大規模データから問題の本質を見抜くデータサイエンティスト等、数理工学の専門能力を身につけ、持続可能な社会構築に向けて主体的に参画する人材を育成する
数理工学科

建築デザイン学科の目的

建築の分野を中心に、持続可能な社会構築に向けてデザインできる専門的能力を活用して現代社会が直面する多様な課題を解決できる人材を育成する
建築デザイン学科

環境学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、持続可能な社会の実現に向けて主体的に参画し、貢献できる人材の養成を目的とする

環境学科の目的

次世代環境を保持する社会を創造するために、行政、経済、教育、生活など各種の分野で活躍できる人材の育成を目的とする

環境学専攻の目的

持続可能な社会構築のために、環境マネジメント能力を持って社会参画し、一般社会を啓発できる人材の育成を目的とする

都市環境専攻の目的

空間造形を通して人間を考究し、建築という行為によって時代の課題に応えうる柔軟な創作活動ができる住環境創造力を備えた人材の育成を目的とする

教育学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、幅広い視野を持って教育及び教育支援に携わることのできる人材の育成を目的とする
教育学部

児童教育学科の目的

子どもの成長・発達に関する知識を学習し、子どもを健やかに育むための技能と実践力を身につけ、子育てに関わる人々への支援活動が行える、高い人格と専門的な実践力・企画力をもった保育者・教育者の育成を目的とする
児童教育学科

薬学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、慈悲の心を持ち、多様な薬学関連分野で人々に貢献できる人材の育成を目的とする
薬学部

薬学科の目的

6年一貫教育の趣旨を生かし、教養教育から基礎薬学教育、医療薬学教育へと系統的な教育を行うことで、医療人として高い倫理観と高度な専門知識を兼ね備えた実践力のある薬剤師の育成を目的とする
薬学科

看護学部の目的

仏教精神を根幹として学識、情操、品性にすぐれた人格を育成するとともに、人の「生老病死」と看護は密接に関係することを認識し、人々の健康および福祉の向上に貢献できる人材の育成を目的とする
看護学部

看護学科の目的

深い人間理解を基盤に、高い倫理観と看護の専門的な知識および技術を有する看護職の育成を目的とする
看護学科

通信教育部の目的

通信手段を有効活用した教育を行うことにより、仏教精神を根幹として学識、情操、品性ともにすぐれた有為の人材を育成するとともに、学問の研究を深め、文化の進展に寄与することを目的とする
通信教育部

人間科学部人間科学科の目的

現代社会や現代人が抱える心の問題を心理学、仏教学又は社会福祉学の側面から考え、人間の心の本質を探究し、総合的視野で深く人間を理解できる人材の育成を目的とする。
人間科学部人間科学科

教育学部児童教育学科の目的

子どもの成長・発達に関する知識を学習し、子どもを健やかに育むための技術と実践力を身につけ、教育とその支援活動を行える、高い人格と専門的な実践力・企画力をもった教育者の育成を目的とする。
教育学部児童教育学科

大学院

文学研究科 日本文学専攻[修士課程]の目的

日本文学に関する総合的・体系的な学識をもち、日本文学や伝統文化の研究者や、その知識を活用する職業人等の高度な専門性を発揮できる人材を養成する
文学研究科 日本文学専攻

言語文化研究科 言語文化専攻[修士課程]の目的

自国又は英米の言語文化・文学の研究を中心とした総合的・体系的な学識をもつ高度な専門性を備えた人材の育成、又は主として留学生を対象とした日本語によるビジネス・コミュニケーションに必要な能力を有する高度職業人の育成を目的とする
言語文化研究科 言語文化専攻[修士課程]


政治経済学研究科 政治経済学専攻[修士課程]の目的

政治及び経済の現状分析と理念の構築、政治及び経済の新たな制度設計・政策提示、制度並びに政策の実現のために必要な能力を備えた主体の育成、という3つの課題に積極的に取り組むために、シティズンシップ・マインドを備え、現場での問題解決を行える人材の養成を目的とする
政治経済学研究科 政治経済学専攻[修士課程]

政治経済学研究科 政治経済学専攻[博士課程]の目的

世界で生じている政治・経済の問題を解決するために、政治学又は経済学の高度な専門知識をもち、政治と経済の関係性にも着目して、新たな解決策を提示できる人材の養成を目的とする
政治経済学研究科 政治経済学専攻[博士課程]

人間社会研究科 人間学専攻[修士課程]の目的

人間の心的機能の問題を客観的に理解できる宗教家、応用心理学の専門家、臨床心理の専門家、言語聴覚士などの人間理解能力をもつ人材の育成を目的とする

人間社会研究科 実践福祉学専攻[修士課程]の目的

高度な専門知識の習得と実践を循環させた教育プログラムにより、“人”と"社会"に対する深い洞察に基づく専門的倫理をもち、困難事例に対する援助技能はもちろんのこと、社会福祉の現場で必要とされるケースマネジメント力等の実践力を有し、指導・管理能力に秀でた高度な社会福祉専門職業人を養成する
人間社会研究科 実践福祉学専攻[修士課程]

人間社会研究科 人間学専攻[博士課程]の目的

建学の仏教精神に基づいて人間を深く理解し人間尊重の立場に立った研究活動を行い、人間の精神と心理身体機能と社会行動とを総合的に考察できる高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を有する宗教家や応用心理学の研究者及び高度な心理臨床の専門家を育成することを目的とする
人間社会研究科 人間学専攻[博士課程]

仏教学研究科 仏教学専攻[修士課程]の目的

仏教の歴史と思想を専門的に学び、自己および社会の持つ課題に対して仏教的にアプローチし、現代における仏教の意義を考究することで文化の興隆と深化に寄与できる研究者や宗教者及び職業人の育成を目的とする
仏教学研究科 仏教学専攻[修士課程]

仏教学研究科 仏教学専攻[博士課程]の目的

建学の仏教精神に則り、仏教学に関する高度で専門的な知識を修得し、その深奥を究めて、文化思想の進展に寄与する人材を育成する。特に、人類が直面する文明的危機、歴史的・社会的諸活動に対して、仏教の真理観、人間観と諸科学の最新の成果を統合し人間尊重の立場に立って実践的に解決できる人材を養成することを目的とする
仏教学研究科 仏教学専攻[博士課程]


環境学研究科 環境マネジメント専攻[修士課程]の目的

持続可能な社会に向かうための中長期的社会変革ビジョンをもち、環境経営のための環境マネジメントの推進者及びエコプロダクツの推進者として、環境マネジメント能力を発揮して、企業及び地域の低炭素化、又は環境都市の実現に貢献できる人材を養成することを目的とする
環境学研究科 環境マネジメント専攻[修士課程]


教育学研究科 教育学専攻[修士課程]の目的

初等及び中等教育における高い教育力を有し、教育現場において活躍できる専門的知識と方法論を身に付けた高度専門職業人、又は教育の本質と現実的課題を問いつづける研究姿勢と時代の要請にこたえる実践力を身に付けた研究者を養成する
教育学研究科 教育学専攻[修士課程]

薬科学研究科 薬科学専攻[修士課程]の目的

創造性・柔軟性に富み、創薬、生命科学等幅広い分野で広く深い知識と探求力を持ち、国際的にも活躍できる薬科学研究者及び医薬品の臨床開発並びに評価・承認審査の知識を持ち、その実際を理解し医薬品開発の発展に努め、薬科学の進展に寄与することのできる人材の養成を目的とする
薬科学研究科 薬科学専攻[修士課程]

薬科学研究科 薬科学専攻[博士課程]の目的

創造性・柔軟性に富み、創薬、医療、生命科学等幅広い分野で広く深い知識と探求力を持ち、国際的にも活躍できる高度薬科学研究者の養成および、高度専門医療の知識と、先進的な薬物療法を創造するための研究能力と研究マインドを身に付け、最新の医薬品情報等を医師に提供し、薬物治療に貢献するなど、臨床現場で活躍できる高度実務薬科学研究者の養成を目的とする
薬科学研究科 薬科学専攻[博士課程]


看護学研究科 看護学専攻[修士課程]の目的

仏教精神を基盤とし、広い視野を持って清深な学識を修め、専門性の高い看護実践能力や教育研究能力を備えた看護実践のスペシャリスト、管理者及び教育者の育成を目的とする
看護学研究科 看護学専攻[修士課程]


看護学研究科 看護学専攻[博士課程]の目的

看護の研究、教育の向上に寄与する高度に専門的な業務に従事するために、高い学識と行動力を持ち、創造性高く、応用的で開発的な研究を行う研究者としての能力を培い、倫理観の高い研究者・教育者となれる資質を育成することを目的とする。
看護学研究科 看護学専攻[博士課程]

大学院 通信教育部

人間学研究科 人間学専攻[修士課程]の目的

人間と社会環境に関する幅広い理解を持ち、人間の精神、思考の根源の上に立って人間関係の新しい構築や修復を図れる人材を養成することを目的とする
人間学研究科 人間学専攻[修士課程]

仏教学研究科 仏教学専攻[修士課程]の目的

仏教の歴史と思想を専門的に学び、自己および社会の持つ課題に対して仏教的にアプローチし、現代における仏教の意義を考究することで文化の興隆と深化に寄与できる研究者や宗教者及び職業人の育成を目的とする 
仏教学研究科 仏教学専攻[修士課程]  

環境学研究科 環境マネジメント専攻[修士課程]の目的

持続可能な社会に向かうための中長期的社会変革ビジョンをもち、環境経営のための環境マネジメントの推進者及びエコプロダクツの推進者として、環境マネジメント能力を発揮して、企業及び地域の低炭素化の実現に貢献できる人材を養成することを目的とする 
環境学研究科 環境マネジメント専攻[修士課程]  

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職