HOME教育学部教育学部教育学科

教員・ゼミ紹介

教員情報の詳細につきましては武蔵野大学 研究者情報をご覧ください。
大学Webページ教員紹介原稿(安達光樹)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 講師
安達 光樹(あだち みつぎ) 
専門分野:体育科教育学・スポーツ運動学
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
安達光樹(あだち みつぎ)です。都内の小学校で教員をした後、本学で体育授業のあり方について教えています。
 研究について、教えてください
体育科教育学やスポーツ運動学について研究しています。学校体育においてスポーツはどうあるべきか、人間と運動の関係等についていつも考えています。最近は体育授業におけるICT機器利用についても研究しています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
趣味はアウトドアです。自然の中でゆるーく過ごすのが好きです。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
初等体育科指導法・体育A・体育B・体育講義・教育プレ実習・教育実習研究・教育海外研修等を担当しています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
毎回、何かしら新しい気づきが生まれるように心がけています。体育は誰もが受けてきた授業ですが、教える立場から見てみると、ただ運動を行わせればいいというものではありません。人はなぜ運動をするのかといった根本的なところからの問いを大切にしています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
基本的に文献研究が中心です。スポーツや体育の歴史、運動心理学、体育授業のあり方など、文献を中心にディスカッション形式でゼミを行っています。時には実技研修でスポーツの面白さについて実際の運動を通して学んでいます。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

スポーツは文化であり、学校の体育授業は、その面白さをどう享受するのかを学ぶことが大切です。ここで学ぶ皆さんには、運動の面白さや楽しさを子ども達に味わわせられる先生になってほしいです。そんな素敵な先生になれるために、共に学んでいきませんか。
大学Webページ教員紹介原稿(伊藤摂子)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 准教授
伊藤 摂子(いとう せつこ) 
専門分野:早期英語教育(小学校英語教育)、英語教育、第二言語習得
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
伊藤摂子と申します。中学高校を海外で過ごし、東北大学工学部卒業後、外資系勤務を経て、小学校教員、中高英語科教員として英語指導に携わりながら、東京大学大学院で英語教育について研究しました。その後、大学教員として教員を目指す学生さんへの指導や、現職教員の皆様のお手伝い・指導を行っています。
 研究について、教えてください
主な研究分野は、英語教育全般です。その中でも早期英語教育、音声指導、第二言語習得についての学習について研究をしています。日本語母語話者の人たちにとっての英語教育という視点から、どのように指導をすると学習者が学びやすくなるのか、どのような点が英語学習の難しい点であり、どのような学び方がより学びやすいものであるのか、学習者の学びをより良いものにするための研究を進めています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
趣味はテニスです。練習は屋外テニスコートで行っており、一年中日焼けをしているため、学生さんたちからは「いつも日焼けをしている!」と言われています。みなさんと一緒にいろいろな活動ができるように、体力維持に努めています。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
「初等外国語(英語)指導法」、「初等外国語(英語)」のような小学校英語に関する授業や、”Practical Communication”のような英語指導において英語を使用することに関する授業等を担当しています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
母語以外の言語を学ぶ、ということは思っているよりも簡単ではなく、学ぶ側も指導する側もその難しさをしっかりと理解して、指導に生かすことを大切にしています。特に初等外国語の指導は英語学習の第一歩であり、小学生の児童に指導するために様々な工夫や知識、配慮が必要となります。この第一歩目で英語の学習が上手くいかないと中1ギャップと言われる状態に陥ってしまいます。学びの楽しさをしっかりと理解していくような指導を大切にしています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
英語教育の学びについての理解と、初等外国語の指導についてを大きなテーマとしています。指導案立案や教材を実際に作製し、模擬授業を通して現場で指導する際にどのような力が必要かの検討を重ね、授業を作ることの理解を深めています。卒業時には教壇に立って自分の考える英語や外国語の授業をイメージして指導できるようになることを目指しています。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

英語学習を「苦しい」と思わず、「わかって楽しい!」となるよう、学びを実感できる英語の授業を理想として、未来のある英語の授業を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
大学Webページ教員紹介原稿(上岡学)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 教授
上岡 学(うえおか まなぶ) 
専門分野:特別活動、教育原理、教育方法
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
上岡学(うえおかまなぶ)です。東京都大田区で生まれ育ちました。東京学芸大学教育学部を卒業し、同大学院修士課程を修了、国立市にある私立桐朋学園小学校に21年間勤務いたしました。武蔵野大学には2008年に着任し現在に至ります。
 研究について、教えてください
特別活動の理論と内容について研究しています。特別活動は教科外教育ともいい、教科以外の教育活動(学級活動、児童会活動、クラブ活動、学校行事)です。日本は世界の中でも特別活動を大切にしている国です。また、世界でどのような特別活動があるのか現地でフィールドワークを行い比較研究しています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
趣味は高校時代より40年以上続けているバドミントンです。地元の愛好家と月に2~3回練習しています。また、天気がいいときは大学まで12㎞自転車で通勤しています。玉川上水沿いを走っているので季節を感じられてリフレッシュできます。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
学部では、特別活動、教育原理、教育学発展ゼミ、教育学総合ゼミを担当しています。大学院では、特別活動論研究、初等教育指導法研究を担当しています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
教育学に関する基礎と理論をしっかりと考えてもらおうと思っています。教育とは何か、どうあるべきかについて具体的事象をもとに分析し、批判的かつ汎用的に考察できるようになってほしいと考えています。すべての人が教員を目指すわけではないので、教育学が一般社会にも役立つように講義しています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
世界や日本の教育の動きを踏まえ、教育はどうあるべきかについて学びます。教科教育や教科外教育のあり方について基礎的・理論的な部分について学修していきます。素材は教育学ですが、広い意味での教育を考えるため教員志望以外の人もゼミに入っています。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

教育学は、「人をどう育てるか」というところから始まります。それは「人はどう生きるか」とつながり、哲学とつながります。また、どう教えたらよいか、どう学ぶのかなどは科学とつながります。そのように考えると教育学は総合的学問といえ、人間を考える一つの学問と考えられます。武蔵野大学では教師を目指す人が90%ですが、10%の人は教師以外の道を進みます。人間の営みに興味があり、教育に興味がある人はぜひ教育学を学んでください。
大学Webページ教員紹介原稿(江原美明)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 教授
江原 美明(えはら よしあき) 
専門分野:英語教育、学習方略、言語教師認知、教師教育
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
江原美明(えはらよしあき)と申します。神奈川県生まれです。上智大学で英語学を学び、高校教員、教育センター指導主事、県立外語短期大学准教授、県立国際言語文化アカデミア教授を経て、令和3年4月に武蔵野大学に着任しました。教員を続けながらテンプル大学大学院で研究を続け、教育学博士号を取得しました。平成25年にはNHK教育テレビ講座「リトル・チャロ4 英語で歩くニューヨーク」で講師を勤めました。
 研究について、教えてください
専門は英語教育です。特に、外国語としての英語学習方略、言語教師認知、教員研修を中心に研究しています。これまで10数年間、学習指導要領改訂に係わる仕事に参加させていただききながら、教育政策と現場、理論と実践を結ぶ方策について、現場の先生方の教育実践や、英語学習者の言語学習プロセスの分析等を通し、具体的提案をすることを目指しています。今後は特に、小・中・高が連携した英語教育の推進が課題であると考えています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
趣味はスキーと旅行です。スキーと外国語の習得は、頭ではわかっていても体がイメージ通りに動かない、という点で似ています。スキーをしながら言語習得について考えたりします。ここ数年は難しいですが、海外に出かけ、現地の方々や様々な国からの旅行者と英語で話をすると、対話や体験を通した学びのすばらしさを実感します。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
「英語科指導法(2年)」「英語科教育法(3年)」、「教育実習(4年)」など、主に中・高等学校英語教員免許取得のための講座を担当しています。Comprehensive Englishなどの語学講座や、1年生、2年生の教育関連基礎講座も担当させていただいています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
頭・体・心を使い、教員と学生が、また学生同士が対話を通して学び合える場を作ることを大切にしています。対話を通して思考を深め Aha! と気付いたり、さまざまなペアやグループで活動したり動き回ったり、お互いに励まし合い感動したり、頭・体・心の3要素が含まれる授業にするにはどうしたらよいかと考えながら毎日教室に向かっています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
「学習法研究ゼミ」というゼミを担当しています。私は英語教育が専門ですが、ゼミの内容は学習方略全般をカバーします。教職を目指す学生が学習法についての理解を深めることで、将来児童・生徒を教える際の理論的枠組や研究方法を習得し、プロの教師・社会人として必要な資質・能力を身に付けることを目指しています。文献や論文研究、模擬授業、基礎英語によるコミュニケーション能力増進、教師としての仕事術など、広範な領域を、学際的な見地から追求します。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

礼儀正しく真面目な学生たちを見ていると、私自身が気の引き締まる思いをします。学生たちには、よく考え、アイディアを創出し、他の人にやる気とインスピレーションを与えられる人になってほしいと思っています。そのために、微力ながら、研究・教育に努めていく所存です。
大学Webページ教員紹介原稿(大杉健)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 准教授
大杉 健(おおすぎ たけし) 
専門分野:造形教育、図画工作指導法
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
大杉 健(おおすぎ たけし)です。日本大学芸術学部で柳原義達先生、土谷武先生に師事しました。卒業後は現在の特別支援学校に3年勤務しその後、東京都の公立小学校にて図工専科として37年勤務しました。現在の武蔵野大学では6年間の勤務になります。
 研究について、教えてください
少年期の造形教育を専門に研究しています。少年期に培われた創造性や想像力は生涯にわたって活かされます。自分で新しい価値を想像する力らはAI社会になってますます重要になってきています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
かつては、山歩きやロッククライミングなどに夢中になっていた時もありましたが、今は引退して金属の立体作品を製作しています。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
図画工作A/B、造形3/4、図画工作指導法を担当しています。現在新しく取り組まれてきている映像や写真など領域についても授業の中で取り入れて行っています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
まず、一人一人が違うことの素晴らしさ、そして何でも試してみる、挑戦してみることを重要性」を意識しています。「先生、これ、やってもいいですか」ではなく「これ、やってみたいのですが」を大切にしています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
3年生では、様々なジャンルや共同制作など、広い範囲の造形活動に取り組むようにしています。4年生からはそれぞれが自分の目指す方向に向かって造形活動や論文作成を行っていきます。また、学外の小学校訪問や美術館などにも出かけています。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

今、まさにクリエイティブな力が求められています。それは、新しい世界に向けて必要な力です。
多様な価値な創造を楽しむと同時に新しい可能性をみいだして欲しいと思っています。
大学Webページ教員紹介原稿(小野健太郎)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 准教授
小野 健太郎(おの けんたろう) 
専門分野:算数教育、教育心理学
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
小野 健太郎(おの けんたろう)です。慶應義塾大学理工学部&立教大学文学部を卒業した後、私立小学校と国立大学法人附属小学校で計11年間,小学校の教員として勤めました。教員として勤めるかたわら、東京学芸大学大学院教育学研究科学校心理専攻修士課程を修了しました。専門は、算数・数学教育です。
 研究について、教えてください
「オーセンティック」概念をキーワードに、算数・数学教育の授業実践を対象にした研究を行っています。オーセンティックとは,「ほんものの」「真正な」といった意味を表わす形容詞です。「ほんものの算数・数学の学習」とはいったいどのようなものでしょうか。皆さんもぜひ考えてみてください。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
 趣味は折り紙です。ユニット折り紙と呼ばれる、複数枚の折り紙を組み合わせて多面体を構成する折り紙をつくることが好きです。妻と小学生の娘と息子、のロングコートチワワの計(4人+2頭)家族です。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
「算数」「初等算数科指導法」といった科目を担当しています。単に数学の内容を学ぶのではなく、教える/学ぶことを前提とした「教育内容」と「教育方法」の一体化を目指した知の修得が目標です。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
学生が能動的に学修に関わるための工夫を大切にしています。全てではありませんが、学生自身が課題を見つけ、探究的手法を洗練させて、その探究過程を振り返る中で、よりよい自分のあり方を目指せると良いですね。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
算数や教育心理学関連の文献講読,及び受講生一人ひとりが設定したテーマに基づく探究活動を中心に行っています。また、近年はコロナ禍の影響で実施できていませんが、希望者と全国の質の高い初等教育やオルタナティブ教育の実践校を参観し、意見交換を行うなどもしていました。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

教育関連の仕事(特に教職)の大変さは、ニュースやSNSを通じて徐々に知れ渡るところです。しかし,だからこそ、「今」教育に向き合い、教職を考えることが「熱い!」と私は思っています。立場も関わらず、(算数・数学教育を中心に)今の教育をともに見つめ直しましょう!
大学Webページ教員紹介原稿(佐藤克士)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 准教授
佐藤 克士(さとう かつし) 
専門分野:社会科教育学(主に地理教育論)、授業研究、教科書研究等
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
佐藤克士(さとうかつし)です。出身は、山形新幹線の終着駅である山形県新庄市です。東京都公立小学校や他大学での教員を経て、武蔵野大学に着任しました。大学で教鞭を執る傍ら、兵庫教育大学連合大学院(博士後期課程)にて、博士(学校教育学)の学位を取得しました。
 研究について、教えてください
研究分野は,社会科教育学(特に地理教育論)です。具体的には、小学校・中学校社会科を中心に授業開発・授業(テキスト)分析を行っています。近年では、地理学や社会学など空間論研究の成果を組み込んだ社会科教育(特に地理学習)や、今日の危機社会における主権者教育(特に防災学習)の授業構成論とその有効性について研究しています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
趣味は読書です。仕事柄,教育書は分野・領域を問わずタイトルを見て気になったものは迷わず購入して読みます。プライベートに関して、我が家には生き物が大好きな娘がいます。自宅では動物や昆虫,水の生物等の図鑑を一緒に読んだり、休日は関東近辺にある水族館や動物園などに家族で出かけたりすることが最近の楽しみです。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
学部では「社会」、「初等社会科指導法」、「ICT活用論」などの授業を担当しています。また大学院では「初等教育指導法研究」、「初等教育指導法特別演習」、「修士論文演習」などの授業を担当しています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
①社会科を指導する目的・意図を語れるようになること、②理想的な授業を具体的に思い描けるようになることを大切にしています。①に関して、子供に「先生、どうして将来、農家になる予定がないのに、庄内平野の農業について勉強をしなければならないのですか」と問われた時,子供が納得する説明とはどのようなものかを考えさせたり、②に関しては、なぜ、学校教育で地理や歴史等、いわゆる社会に関する教科を設けて子供に社会に関する様々なことを学ばせなければならないのか、またこの問いについて論理的に説明しうる理想的な社会科授業とはどのようなものか等について検討させたりする機会を授業の中に設けています。さらにその具体として、単元レベルで授業を構想し、実践できる教師をめざして指導しています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
学部の授業で担当している「社会」や「初等社会科指導法」の内容をさらに深く・広く学びたい(研究してみたい)と考えている人を対象に指導するゼミです。具体的には、各人の問題意識を踏まえ、主に理想として描く社会科授業について、研究テーマを設定し、文献研究を通じて研究を進めていきます。例えば、下記のような研究テーマが卒業論文として提出されています。
○価値判断力の育成をめざす小学校社会科授業開発研究
○科学的探求の論理に基づく小学校社会科授業開発研究
○批判的社会参加学習論に基づく小学校社会科授業開発研究
○経済学の研究成果を組み込んだ小学校社会科授業開発研究
○イングランド歴史教育における評価問題(GCSE)に関する研究
 最後に、読者にメッセージをお願いします

「国家百年の計は教育にあり」という言葉があります。この言葉は、人材育成こそ国家の要であり、また長期的視点で人を育てることの大切さを説いた名言として知られています。未来社会を担う子供たちにとって、理想的な教育(または社会科教育)とはどうあるべきか、武蔵野大学で一緒に考えていきましょう。
大学Webページ教員紹介原稿(高橋典嗣)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 教授
高橋 典嗣(たかはし のりつぐ) 
専門分野:理科教育、天文教育、科学教育、太陽コロナ(太陽物理学)、地球接近小惑星(天体衝突)、スペースデブリ(宇宙ゴミ)、宇宙人間科学(宇宙医学生理学)
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
高橋典嗣(たかはしのりつぐ)です。東京生まれ。千葉大学大学院博士後期課程で公共研究(理科教育)を専攻。日本スペースガード協会理事長、日本学術会議天文学国際共同観測専門委員、日本学術観測団団長(ザンビア皆既日食)、学校科目「地学」関連学会協議会議長、天文教育普及研究会副会長、いわき天体観測所理事などを歴任。「天文研究会」「スペースガード研究会」「日食観測セミナー」「宇宙教育セミナー」などを主催した。日本スペースガード協会理事長を務めていた2013年2月15日には、ロシアのチェリャビンスク州チェバルクリ湖に落下した隕石の現地調査を行いました。また、2017年6月には青森県つがるに落下したと思われる隕石による幻のクレーターのトレンチ調査を行いました。
 研究について、教えてください
科学の感動を児童・生徒に伝える科学体験活動として「地球探検隊」「スペースガード探偵団」「星の学校」を主宰して理科教育に関する実践研究、教材開発、授業デザイン、学習構造、感動と学習効果に関する研究を行っています。また、太陽コロナの研究では16ヵ国に出かけ、太陽コロナの学術観測を行いました。さらに、地球接近小惑星、スペースデブリなどの地球を取り巻く宇宙環境、宇宙人間科学、環境教育、防災教育に関する研究にも取り組んでいます。
著書に『138億年の宇宙絶景図鑑』(KKベストセラーズ)、『星空の楽しみ方』(洋泉社)、『巨大隕石から地球を守れ』(少年写真新聞社)、『地球進化46億年』(ワニブックス)。共著に『天体観測ガイドブック・宇宙をみせて』(恒星社)、『子どもの地球探検隊』(千葉日報社)、『学力向上につながる理科の題材』(東京法令出版)、『環境教育実践集』(アプリコット)、『大隕石衝突の現実』(ニュートンプレス)。監修に『隕石と宇宙の謎』(宝島社)、『月と暮らす本』『入門宇宙論』『宇宙の謎と不思議大事典』(ともに洋泉社)、『天才たちのつくった単位の世界』(総合図書)、『はやぶさ2全軌跡と宇宙の最前線』『各県のトリセツシリーズ』(ともに昭文社)など多数あります。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
趣味は、星を眺めることです。天の川の夜空を求めて野山へ行きたいのですが、時間に追われ、なかなか実現できません。ゼミ合宿に出かけたときに、学生と一緒に天の川を見るのを楽しみにしています。また毎朝と夜に犬の散歩をすることが日課で、日頃の運動不足を補っています。家には猫(2匹)もいて、癒やされています。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
学部では「地学概論」「地学特論」「地学実験」「自然環境教育演習」などの授業を担当しています。また大学院では「理科教育指導法研究」「理科教育指導法特別演習」「修士論文演習」などの授業を担当しています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
「理科や自然が好きで学びたい意欲に燃え、疑問を解決したくて果敢に取り組もうとする勇気を持ち、いろいろなことを吸収しようとする情熱を持った」そんな好奇心のある学生が大好きです。意欲・勇気・情熱を持って、授業に臨んでください。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
理科の特定領域(物理・化学・生物・地学)についてのスペシャリストとして必要な教材研究、指導を体験し、理科教育研究の素地を身につけた小学校、中学校、高等学校の先生になってもらいたいと願っています。そのために必要な授業研究、アンケート調査、実験・観察、フィールドワークなどの学習を行っていきます。
これまでの主な卒業研究のテーマを次に示します。
○『プラネタリウムを使った中学校教育における生徒主体の授業提案』
○『ベトナムの科学教育』
○『実物を見ることによる子どもの興味関心の変化』
○『プラネタリウムを活用したアクティブ・ラーニングの実践』
○『フィンランドと日本の中学校理科教育の比較研究(化学領域)』
○『1918年から10年間の白色光乾板による観測者係数の決定』
○『つがる隕石クレーターの復元と教材化』
○『川崎市周辺地域の地質及び地域教材を活用した学びの提案』
○『映像制作研究「埼玉の海を求めて ~古秩父湾にDIVE  !~』
○『小学校理科の導入場面における感動体験が及ぼす学習効果』
○『埼玉県の地質と地域教材 ~3つの地形ごとの地質教材の考案~』
○『学校教育における「太陽系ツアー」による感動体験』
 最後に、読者にメッセージをお願いします

自然現象や自然の景観は、全ての人に平等に享受されているのですが、それを受け止める側の自然認識の有無で、直面する自然を受容するか否かが決定されます。自然をより受容する児童や生徒を育てたい、自然や理科が好きで、好奇心が旺盛で、「意欲・勇気・情熱」を持っている方は、研究室に来て下さい。お待ちしています。
大学Webページ教員紹介原稿(中川洋子)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 准教授
中川 洋子(なかがわ ようこ) 
専門分野:英語教育、言語政策、社会言語学
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
中川洋子(なかがわようこ)と申します。茨城県の水戸生まれです。私立高校、国立工業高等専門学校、大学で教鞭を執り、2021年に武蔵野大学に着任しました。専門は英語教育と言語政策で、筑波大学大学院で博士号(言語学)を取得しました。
 研究について、教えてください
日本人の英語観と英語教育との関係について、教科書やマスメディアなどを題材に、研究を続けています。最近は、国内の英語教育における複言語主義教育の可能性について、日本語教育やイギリスのナショナル・カリキュラムの観点から研究を進めており、そこから得られた知見を英語学習者の積極的な学びに活かしていきたいと考えています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
最近はなかなかできませんが、旅行やドライブ、サイクリングが好きです。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
英語学やComprehensive English、児童英語、ゼミ等を担当しています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
英語という言語や異文化理解について、授業を通して多角的な視点を身につけることを目指しています。また、英語のインプットとアウトプットがバランス良くできるような授業を心がけています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
英語教育学の文献講読とディスカッション、模擬授業を通じて、英語とは何か、コミュニケーション能力とは何か、学習指導要領、母語獲得と第二言語習得、日本における英語教育の歴史など、英語を教える教育者として知るべき理論と実践の学修を目指しています。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

「人生に無駄なし」と言われますが、大学時代の学び、体験、読書等は、皆さんの知識や知恵の源となり、自信につながります。物事に対する自分の問い(「知りたい」「なぜ」)を大事にして、それを追求していきましょう。
大学Webページ教員紹介原稿(中村駿)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 講師
中村 駿(なかむら しゅん) 
専門分野:教育工学、教育方法学
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
中村駿(なかむらしゅん)です。出身は岐阜県で、子どもの頃は近所の川で虫や魚を捕まえて遊んでいました。早稲田大学人間科学研究科で博士号(人間科学)を取得し、2021年度から武蔵野大学で教員をしています。著書には『これからの教師研究』(東京図書)、『教師の学習と成長』(ミネルヴァ書房)、『教育を読み解くデータサイエンス』(ミネルヴァ書房)があります。
 研究について、教えてください
専門は教育工学(授業研究・教師教育)で、教師を対象とした研究をしています。具体的には、授業時の教師の思考プロセス、授業を通した教師の学びに関心があります。また、共同研究では、仮想現実(Virtual Reality)を活用した教育の可能性、教師のICT活用について研究しています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
趣味はバスケットボールです。最近はなかなかできる状況ではありませんが、近所の公園に行き、バスケットボールを通じて小中学生から社会人までいろんな人と繋がることも1つの楽しみです。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
教育の方法と技術、ICT活用論などを担当しています。授業実践を支える理論を学ぶとともに、効果的なICT活用の方法について模擬授業等を通して考えます。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
教育の方法は、良くも悪くも自身の被教育経験に大きな影響を受けるので、授業では教育方法を多面的に捉えられるように、さまざまな教育の考え方、授業法を紹介しています。また、私自身、教師の学びをテーマに研究しているので、1人の大学教員として、学生の声に耳を傾け、自身の授業を改善できるよう試行錯誤しています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
「教育実践学ゼミ」と称して、アクションリサーチ(自身の教育実践を対象とし、探究する研究)、教師研究、教材開発の3本柱で研究活動をしています。ゼミでは、さまざまな領域の論文や書籍を読み、学校ボランティアや教育実習等の経験と結びつけながら、よりよい教育実践のあり方について考察します。また、VR等の先端機器も体験しながら、新たな教育の可能性も考えます。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

人間の幸福を実現するために、学校教育は社会の変化に応じて絶えず問い直されます。そのため、教師はさまざまなことに関心を持ち、学び続けることが大切です。武蔵野大学は、教員志望が多く、同じ夢に向かって学び合う文化があります。ぜひ大学に見学に来てください。
大学Webページ教員紹介原稿(野中繁)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 教授
野中 繁(のなか しげる) 
専門分野:理科教育、生物学、植物色素の研究
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
こんにちは、野中 繁(のなか しげる)です。私の経歴ですが、東京学芸大学大学院卒業後、高等学校の生物の教師、教育委員会指導主事等、校長と教育現場を歩んできました。定年退職後JST(科学技術振興機構)の主任調査員を経て、この武蔵野大学に着任しました。
 研究について、教えてください
学生時代からの研究テーマは「花の色の研究」です。赤いアントシアニンという色素から青い花ができるしくみの研究をしていました。現在は、「理科における探究学習・探究実験」の開発と検討が主な研究テーマです。子どもたちが不思議だなぁと感じ、引き込まれていくような実験・観察を創ることが目標です。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
読書、ミュージカル観賞、スポーツ観戦です。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
①専門の生物や自然環境教育等の専門科目、②理科の指導法や教育実習に関する科目、③教職実践演習等の教職に関する科目、④1年から4年までのゼミ科目、 に加え、「未来塾(教職採用試験対策講座)」を担当しています。今年は「SDGs基礎」も担当しました。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
Study Nature,not books.
教えるのではなく学ぶこと。教科書を学ぶのではなく自然や実物を現場で学ぶこと。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
自分がやりたいことを見つけ極めることが研究だと言っています。学生たちはそれぞれの興味で、多様な研究をしています。「自己有用感の研究」から「海が青く見えるのはなぜ?」、「貧困と学力の関係」「ハダカデバネズミの研究」まで様々です。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

この言葉を贈ります。「たった一度しかない人生を、たった一人しかいない自分を、本当に生かさなかったら、人間生まれてきた甲斐が無いじゃないか。」(山本有三「路傍の石」より) 
大学Webページ教員紹介原稿(初谷和行)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 准教授
初谷 和行(はつがい かずゆき) 
専門分野:国語教育(文学教育論、言語活動指導法が中心)
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
初谷和行(はつがいかずゆき)と申します。栃木県の県南の足利市というところに生まれました。筑波大学の大学院で国語教育について学び、大学院修了後、特別支援学校に3年間、高等学校教員に10年間、保育・幼児教育系の短期大学に3年間勤めました。武蔵野大学には2016年に赴任しました。
 研究について、教えてください
国語教育学が専門です。その中でも、文学理論に基づく文学教育論や国語科授業における言語活動の在り方について研究しています。プロフィールで紹介しましたように、高等学校の学校現場を経ていますので、中学校・高等学校を中心とした国語科の授業実践について分析したり提案したりすることを行っています。高等学校の教科書編集などにも携わっています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
ドライブをしたり、旅行に行ったり、サッカーを観戦することが趣味です。Jリーグの浦和レッズのサポーターを20年以上続けており、シーズンチケットを持っています。浦和レッズや他のチームをサポートする学生や教職員と、時折、サッカーの話で盛り上がっています。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
中学校・高等学校の国語科免許を取得するための科目を中心に担当しています。「近代文学」、「現代文学」、「国語科指導法」、「国語科教育法」、「教育実習(中高国語)」などの科目です。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
授業の場は学生が主役ということを常に念頭に置いています。学生同士で議論したり、学生自身が思考し表現したりすることを重視しています。授業で私自身は、学生同士の議論を整理したり、考えるための「タネ」を提示したり、最小限の「裏方」をする役割を担うよう心がけています。そして、授業後の学生へのフィードバックを丁寧に行うことも心がけています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
中学校・高等学校を中心とした国語科授業をいかに充実させるかということを考えたり、自分の授業を自分で客観的に分析したりすることについて学ぶことができます。3年生では、高等学校の学校現場で研究授業を行い、その授業を分析するという、プロジェクト型の学修をしています。4年生では国語教育を中心とした研究テーマを設定した卒業研究を行っています。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

教育学科の学生は、物事を真剣に考え、真摯な姿勢で学ぶ人ばかりです。そして、お互いに尊重し、協力し合いながら様々なことに取り組んでくれます。このような環境でこそ、私の専門でもある国語の力が育つのだと思います。皆さん、是非一緒に学び合いましょう。
大学Webページ教員紹介原稿(樋口昇)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 教授
樋口 昇(ひぐち のぼる) 
専門分野:理科教育、学校経営、環境教育
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
樋口 昇(ひぐちのぼる)です。東京の国立町で生まれ、幼稚園から大学まで、東京で学んできました。父の転勤に伴い、児童として八丈島の小学校も経験しています。大学卒業後、東京の小学校教員を15年間務め、東京都教育委員会などで14年間、教育行政に携わってきました。その後、小学校長を務め、退職と同時に本学で「初等理科教育」などを担当しています。
 研究について、教えてください
現在は、学習指導要領に例示された「気体センサー」を活用し、気体濃度の変化を経時的・定量的に捉えることが、科学的な概念の形成にどのような影響を与えるかについて追究しています。さらに、理科で培われた科学的な概念が、SDGs(13・15)に関する児童の行動変容を促進すると考え、全国9つの小学校の協力を得ながら研究を進めています。この研究は、独立行政法人日本学術振興会の科学研究費の助成を受けています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
身体を動かすことが大好きで、学生時代はサッカー部に所属していました。現在は、写真にはまっています。日本の美しい風景や星空が主な撮影対象です。ここのところ、姿を現さない「大彗星」が、遠い宇宙から地球に接近してくるその日を楽しみにしています。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
小学校や中学校・高等学校での望ましい理科指導の実際を学ぶ理科指導法を担当しています。また、教育行政や管理職経験を生かし、教職実践演習や教育実習研究などの教職に関する科目も担当しています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
教職の魅力や子どもの成長に寄り添う喜びなどを、学生に伝えられるよう心がけています。また、知識を教え授ける教師ではなく、子どものよさを引き出し伸ばす教師を目指してほしいと願っています。そのためには、学生自身が考え議論する中で、教師に必要な資質・能力を獲得できるような授業づくりに努めています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
理科や環境教育、SDGsなどに関するテーマについて、さらに広く、深く学びたいと考えている学生が集まっています。実験・観察を行ったり、問題解決や調査・研究の方法等について理解を深めたりしています。理科関連施設の見学や高原での自然体験合宿なども行っています。ゼミ生同士の心のつながりも大切にし、居心地のいいゼミを皆で創り上げたいと考えています。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

「ブラック」と揶揄されることもある教職ですが、一生を賭ける価値のある素晴らしい仕事だと信じています。子どもたちの生き方に、望ましい影響を与えることのできる教師は、子どものよさを引き出し伸ばすことのできるプロの教師です。プロの教師を目指して、本学でともに学んでいきましょう。
大学Webページ教員紹介原稿(廣瀨裕之)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 教授
廣瀬 裕之(ひろせ ひろゆき) 
専門分野:書道、書写書道教育、書道史
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
廣瀬裕之です。中学校・高等学校の教員を経て現在は、書写書道教育の研究者であり、書家(毎日書道展審査会員)です。かつてフランス・パリと東京新宿で個展を開催しました。また西東京市の文化財保護審議会等の委員をしております。
 研究について、教えてください
書写書道教育では「漢字仮名交じりの書の指導法の研究」や、「書くことの科学的分析」を、書道史の分野では奈良の「薬師寺国宝仏足石銘文の書美の研究」を、書道の実技分野では、「現代の言葉の現代風な書表現とは」を探究し制作に励んでいます。武蔵野の石碑についても研究しています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
旅行と歴史探究。サイクリング。大きな筆で大きな文字を書くことです。「西東京市の公共施設等総合管理計画改定等に向けたヒアリング」の依頼があり、文化芸術関係施設の未来の在り方について、市長室隣の会議室で10・20年後だけではなく、100年後を見据えて策定していただけるように熱く語ってきました。古きことも新しきことも楽しいことが大好きです。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
書道・書道史・書論鑑賞・書道科指導法・児童教育演習・総合演習・大学院の書道などです。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
本物に直接触れること。そしてじっくりと鑑ることです。世界の芸術が集まるパリで個展をするにあたり画廊主から言われた言葉が「日本での肩書きはいっさい捨ててください。あなたの作品が本物ならパリの人にも解ります。」と。この「本物」ということばに衝撃を受けました。日本での常識はパリでは当てはまらない。日本に通じ、かつ世界に通じる書文化を伝えていきたいと思います。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
3年ゼミでは、「漢字仮名交じりの書」の創作研究を主とし、4年の卒論ゼミでは、自分の好きな古典臨書または創作の大作を制作することとしています。古典の書をじっくりとみつめ、新しいものを創造する鍛錬を行なっています。また日本の伝統文化である書を後世に伝えていく役割も担っています。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

とにかく本を読んでください。そして本物を見に、自分の足で出かけてほしいと思います。博物館も美術館も東京にはたくさんあります。良いといわれているものを、だだじっと見るだけで鑑賞眼が自然に高まります。芸術は、五感で味わい感じるものです。
大学Webページ教員紹介原稿(山﨑淳)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 教授
山崎 淳(やまざき あつし) 
専門分野:初等国語科指導法、学校経営、学級経営、教職
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
山﨑 淳(やまざき あつし)と申します。東京都の公立小学校の教員や校長、教育委員会の仕事などを経て、武蔵野大学の教員をしています。
 研究について、教えてください
小学校の国語科教育、特に、言葉のすばらしさや不思議さをどう子どもたちに伝えたらよいかということについて研究しています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
趣味や特技など、特にお伝えできるようなものはありませんが、映画を見ることが趣味です。(現在は、コロナ禍のため、一時中断中です。)
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
「初等国語科指導法」等、小学校の国語科の指導に関する科目と教員免許状を取得するために必要な「教職論」の授業を担当しています。また、大学院では、「学級経営論研究」を担当し、子どもたちの居場所となるような学級をどう作っていったらよいかを院生と一緒に考えています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
テキストに書いてあることや教員の話を自分事として受け止め、深く考えること、そして、考えたことについて意見交換を行い、視野を広げることを大切にしています。常に、自分が教員であったらということを念頭に置いて学修に臨めるよう心がけています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
3年ゼミでは小学校国語科の授業づくり、4年ゼミでは児童理解を大きなテーマとし、メンバーがそれぞれの考えを出し合うことによって、教員として考えるべきことを深めています。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

教員の仕事はやってもやってもきりがないくらいの大変な仕事ですが、やればやるほどやりがいの感じられる素敵な仕事です。そんな素敵な仕事をするためのお手伝いをさせていただきます。
大学Webページ教員紹介原稿(渡辺英雄)
 
武蔵野大学 教育学部 教育学科 講師
渡辺 英雄(わたなべ ひでお) 
専門分野:英語教授法、応用言語学、談話分析、メディア分析
研究実績
ゼミナール紹介
 こんにちは。まずは、お名前と、簡単なプロフィールを教えてください
渡辺 英雄(わたなべ ひでお)です。大学在学時に英語教育を学び卒業後に東京都立高等学校英語科の教員になりました。
その後、オーストラリアにあるシドニー大学大学院で修士号(英語教授法)、博士号(教育)を取得しました。
大学院修了後は武蔵野大学に赴任するまでオーストラリアの大学・大学院で英語指導法や言語学を講師として教えていました。
 研究について、教えてください
主に英文の構造や文法について研究しています。
具体的には大学入試ではどんな種類の英語を書くことが求められているのか、英字新聞では国際的な問題を報道する際どんな文法が使われているのかなどを研究しています。
このような研究から英語教育への応用を考えています。
 趣味や特技、少しプライベートなことを教えてください
小学生から今もサッカーを続けています。
言葉、文化、世代を越えて色々な人と繋がることができるサッカーが好きです。Jリーグや海外のリーグの試合を見ることも好きです。
 大学では、どんな授業をご担当されていますか?
英語、英語の教え方、異文化理解に関する授業を担当しています。
「英語が使える」とは、「いい英語の授業」とは、「他の文化を理解するために必要な視点」とは等を学生と一緒に考えながら教えています。
 教えるときには、どういうことを大切にしていますか?
「学生の発想」と「学問の中で発達した知識」のバランスを大切にしています。
学生が自ら考えアイデアを出し、形にすることはとても大切です。
ただその土台として先人たちが考えこと、発見したことを踏まえることを大事にしています。
 先生のゼミでは、どのような学修を行っていますか?
3年次に英語の言語活動、模擬授業、言語評価の発表を行います。言語学習と指導についての理論を学びそれを実際に行う活動です。
4年次では学生それぞれが言語や言語教育に関する卒業研究を行います。
 最後に、読者にメッセージをお願いします

私は高等教育と呼ばれる大学や大学院での出会い、学び、経験が自分の生き方、考え方にとても大きな影響を与えました。
入学を考えている皆さんにとって武蔵野大学は様々な出会い、学び、経験をする場となると思います。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究