HOME教育学部薬学部薬学科

学生対談 薬学科ってどんな学科?

薬学科

 松下 恵理子
2年
東海大学付属浦安高等学校 出身
柴崎 美帆
6年
東洋大学附属牛久高等学校 出身
教授 廣谷 功
東北大学 薬学研究科 博士課程修了[ 薬学博士( 化学系薬学)]
福光 ひなの
2年
東海大学付属浦安高等学校 出身
 松林 信人
6 年
成田高等学校 出身
 

先生との距離が近く、手厚い指導を受けられるから心強い

松林:薬学科には学生が気軽に研究室を訪ねて先生に質問できる環境があるよね。
 
柴崎:私もよく廣谷先生の研究室に行ってたな。
 
廣谷:毎週来てたよね!


柴崎:授業の後で友人たちと「ここがよく分からなかったね」っていう話になると、すぐに先生のところに行ってました。

IMG_1968

IMG_1868

廣谷:昨日も4時間、一昨日は5時間、入れ替わり立ち替わり学生が訪ねてきてね。多い時は部屋の外で並んで待ってたりするんだよね。整理券を渡しておけば良かったと思うくらい!
 
柴崎:分からないことは早めに解決しておいた方が良いので、いつも快く受け入れてくださったことは有り難かったです。
 
廣谷:教員と学生との距離が近いのは武蔵野大学薬学科の強みだと思うよ。学生が教授室に入ることはめったにない、っていう大学もあるようだけど、学生一人ひとりのレベルに合わせた話ができるから僕らにとってもウェルカムなことでね。質問に来た学生がよく分かってるなと思った時はさらに発展的な内容を話してあげたくなるよ。

コミュニケーションの大切さを実感 

柴崎:そういう機会が多かったから、先生と話しやすくもなれました! ところで、私は病院薬局や保険薬局での現場実習を通してコミュニケーションの大切さを感じたんだけど、ふたりは大丈夫かな?
 
松下:私はコミュニケーションをとるのが得意じゃないので不安です。


福光:人と挨拶をする時は笑顔を欠かさないようにしているんですが、あまり自信はありません。

IMG_1835

松林:実習で患者さんや薬剤師さんと関わる時にはコミュニケーションが大切になるので、アルバイトをするなどして色んな人と接する機会を持っておくといいよ。
 
松下:今は講義で席が近い人とおしゃべりするくらいですが、もっと色んな人と話せるようになれるでしょうか?

IMG_1849

松林:学年全体で150人程度だし、実験のメンバーもランダムに組まれているので、絶対にこの人とは話さないだろうという人と話す機会も増えてきますよ。そうやって勉強していくうちに自然と親しくなって、いつの間にか全員の顔と名前が一致するくらい顔見知りになれるから大丈夫!
 
廣谷:私たちも1年もあればだいたい学生の顔と名前が一致するよ。それこそ、よく質問に来る子はすぐに覚えるね。
 
福光:先生方や周りの人たちはみんな親しみやすいので、高校の時よりも自然に会話ができるようになれたと思っています。総合大学で他学部の学生とともに学ぶことで視野も広がると感じています。

薬学の専門性を身に付けるための勉強は楽ではないけれど、目標のために頑張っています

松林:でも、薬学科は1年生の時から授業が多くてけっこう大変だよね?
 
福光:家に帰ってからも勉強に追われて……。正直、高校時代はここまで忙しくなるとは思っていませんでした。
 
廣谷:
1・2年次の科目は自分で考えて答えを出すものが多くて大変かもしれないけど、一度身に付けたら絶対になくなることはないので今の学びを大切にして欲しいですね。

p089_image_02

 柴崎:私は家が遠いので、通学時間を利用して電車の中でも勉強するようにしたの。分厚い教科書を開けない満員電車に乗る時は、あらかじめ写真を撮ってスマホで見るようにしてた。
 
松下:初めは6年制の薬学部で学ぶのは長いなと思いながらも、薬剤師になることを目標にして一生懸命勉強してきたので、あっという間に1年が過ぎてしまいそう!

IMG_1828

松林:時々折れそうになることもあるけど、薬学科に入った以上は国家試験を受けて薬剤師の免許が欲しいものだよね。私と柴崎さんは将来、医薬品開発課程の治験業務に関わることも考えてるけど、どう?
 
松下:私たちは薬剤師を目指しています!
 
廣谷:以前、あらゆるインターンシップに行った学生がいたけど、さまざまな業界を見た上で最も自分に合うと思える仕事を見つけるのもいいんじゃないかな。薬剤師を目指すにしても病院や企業で医療に関わるにしても、ここで得た知識や思考力を活かして、その場の状況に応じた臨機応変な対応ができる存在になってほしいですね。

大学案内
学校法人武蔵野大学
採用情報
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職