HOME教育学部看護学部看護学科

学生対談 看護学科ってどんな学科?

看護学科

 廣畑 光咲
3年 ※
大阪府立 北千里高等学校 出身
阿久津 桃子
4年 ※
神奈川県立 茅ヶ崎北陵高等学校 出身
 
 ※取材当時の学年です 

多彩な実習で応用力を身に付け、学生同士の学びを共有し知識の幅を広げる

IMG_0375

阿久津:初めての実習では、講義や演習で学んだことが役に立ったと思う。特に学生同士で模型を使って看護技術を練習したことはとても役に立ったよね。
 
廣畑:はい。でもやっぱり現場で患者さんと接すると違いますよね。患者さんに看護を行うと、患者さんから自分の看護に対しての反応が返ってくるので、改めて責任の重大さを感じました。


阿久津:3年次では成人や老年、母性といった各領域の実習に2週間ずつ行ったよね。初めは患者さんとの関係づくりに戸惑ったし、自宅でも勉強しなければならないことがいっぱいで大変だった。でも2週目あたりから患者さんから話しかけてもらえるようになると、自分が少しでも患者さんの役に立てていることがわかって嬉しかった。
廣畑:学内では看護の基本的なことを学んでいますが、実習に行くと患者さんによって病気の現れ方や日常生活に及ぼす影響が違うことがわかるし、何よりも患者さんの気持ちに触れることができるので勉強になります。
 
阿久津:患者さんは一人ひとり異なるので、基本を基に応用していく力が求められるよね。実習後、学内に戻ってから実習で体験したことを振り返って整理したり、他の学生が行った看護を一緒に考えたりして、さらに学びを深めることができるよね。
廣畑:患者さんは、知識が豊富で人間として幅のある看護師のほうが安心できると思うので、私はいろんなことに興味を持って学ぶように心がけています。
 
阿久津:私は、患者さんとのかかわりの中でコミュニケーションがとても大事だと感じたの。患者さんを看護していくためには、他の職種とのコミュニケーションも大事だと思う。これからも自分が何を伝えるかをはっきりさせて、そして相手が何を伝えたいのか理解していきたいと思います。

IMG_0419


教員メッセージ
将来の自分へ向けた学び、自分に宝物を贈ることができる学びをしよう
大井 千鶴  講師
武蔵野大学大学院看護学研究科 博士(看護学)
研究領域 成人看護学 看護教育学
看護は、古来より人々の生活に根ざした活動であるがゆえに、何気なく振る舞われてきたこともあります。しかし、そこには、あらゆる知恵や技、そして心が込められた先人達の歴史があり、専門職としての自立・自律の発展とともに現在に至っています。医学的治療を必要としない健康段階の人々であっても、高度先端医療を必要とする施設内の人々であっても、その家族に対しても、いつの時代も看護の基本は変わらないはずです。学生時代に学ぶ看護の基本は、将来どのような場面に遭遇しても、専門職業人として振る舞えるための学びであり、ふと振り返ると価値ある宝物になっています。本学部の4年間で一緒に将来につながる多くの宝物をつくりあげていきましょう。

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究