HOME教育学部教育学部教育学科

学生対談 教育学科ってどんな学科?

教育学科

                                   福原 誠基
2018年3月卒業
千葉県立木更津高等学校 出身
谷口 瞳
2018年3月卒業
東京都立田無高等学校 出身
                                  

学年を超えて育む友情

谷口:私たちの学科は先生との距離も近いし、学年を超えて仲が良いよね。
 
福原:確かに!1年生から4年生まで気兼ねなく集まれる先生の研究室があって、今日もさっきまでそこにいた!皆でお昼ご飯を食べながら「今、どんなこと勉強してるの?」なんて話したり、レポート作成で分からないことがあっても、奥に先生がいるのですぐに聞くことができるんだよ。
 
谷口:先生方も皆、優しいよね。あと、後輩にはどういうことをやればいいのか不安に抱えてる子も多いから、「こういうことをやったよ」って教えたりしてる。合同で一緒に授業を受けることもあるから、縦も横もつながりが強くて、とても仲が良いと思う。

IMG_6911

初めての実習も先生方のサポートでスムーズに

福原:ところで、谷口さんが印象に残っている実習は何?
 
谷口:3年次に行った八丈島でのプレ実習。初めてシュノーケリングに挑戦したことや、皆でご飯を作って一週間生活を共にしたことが忘れられない。自然の中で豊かな心と感性を養って、現地の小学生とコミュニケーションを広げることもできた。

教育対談1

IMG_6944


福原:僕は初めての教育実習が2年次からボランティアしていた中学校だったので、緊張せずに子どもたちと接することができたよ。人間関係がすでにできていたから実習時間の多くを指導の方に向けられて、他大学の学生よりも一歩踏み込んだことができたと思う。
 
谷口:私もボランティア経験のある小学校で実習したので、先生が私のことを理解した上で支えてくれたのが嬉しかった。大学のゼミの先生も親身にサポートしてくれたので心強かった。
 
福原:将来は、生徒たちの可能性を引き出せる中学校の理科教員になりたいな。


谷口:私は、子どもだけでなく保護者や先生方からも信頼される先生になれるように努力したいと思います。
大学案内
学校法人武蔵野大学
採用情報
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職