トップNews & Events

2017.07.12

本学経営学科およびグローバル・コミュニケーション学科の学生が国際学会(NCUR 2017, University of Memphis)で発表を行いました

 
 
2017年4月6日~8日、米国のUniversity of Memphisで開催された国際学会「31st Annual National Conference on Undergraduate Research (NCUR 2017)」において、本学経営学科4年の大木康平さん、福岡梨音さん、前住彩菜さん、グローバル・コミュニケーション学科4年のAlva Soongさんが、研究成果の発表を英語にて行いました。

4名は、2016年4月から経営学科の宍戸拓人准教授の指導の下で研究を行ってきました。学会審査の結果、4,000本以上の投稿の中から4名の研究成果全てが採択されました。

国際学会_集合写真

学生たちのコメント


前住彩菜さん

前住彩菜さん

Presentation Title: Self-Esteem and Subjective Happiness of Male and Female Japanese: The Mediator Role of Horizontal Individualistic Orientation.
 
「私は今まで英語に対して苦手意識を長い間持ち続けていました。しかし、今回プロジェクトに参加させて頂いたことで、本当の意味でのグローバル人材とはどういうものなのか、実際に海外で活躍されている日本人の方々にお聞きすることができ、視野が広がりました。また、国際学会で発表をしたことにより、自分への自信もつき、貴重な経験をさせて頂きました。」

福岡梨音さん

福岡梨音さん

Presentation Title: How Japanese People Can Show Leadership?: Effects of Horizontal Individualistic Orientation on Task- and Relationship-Oriented Leadership.
 
「周りに全く日本人がいない環境の中で発表することには緊張感や不安もありました。しかし自身の知見を広げることができ、とても良い経験をすることができました。」

大木康平さん

大木康平さん

Presentation Title: What It Takes for Shy Japanese People to Build Close Relationships?
 
「今まで個人主義が非常に強かった私ですが、今回の研究を通じてチームワークを最大限に発揮した際のシナジーの大きさを学びました。また、実際に学会に参加した際には現地の学部生だけでなく、アジアや欧米から訪れた学生とも意見交換を盛んに行い、グローバル化の波を強く感じました。この経験を活かし、世界を舞台に活躍できる人材になりたいと考えています。」

Alva Soongさん

Alva Soongさん

Presentation Title: How to Improve Japanese People's Global and National Identity?: Effects of Foreign Experience, Value Orientation, and Life Satisfaction.
 
「今回は貴重な経験でした。同じ研究を向けて頑張っている学生たちと出会い、お互いに知識を共有したりして、自分の足りないところを見直すことができました。さらに、自分の成長にも繋がりました。」

<関連リンク>
31st Annual National Conference on Undergraduate Research (NCUR 2017)

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職