大学院
HOME大学院人間社会研究科>臨床心理学コース[修士課程]

人間学専攻 臨床心理学コース [修士課程]

人間社会研究科

臨床心理の専門家を養成

公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の「第一種指定大学院」に指定されている本コースでは、修了後に臨床心理士の資格を取得して各分野で活躍することを想定し、実践を重視したカリキュラムにより「高度な臨床心理学の専門家」となっていくために必要な知識・技能・態度を身に付けます。また、本学の建学の精神である仏教精神の観点から、慈悲の心を持った「こころのプロフェッショナル」を育成します。
心理職は2015年9月に心理学の国家試験としては国内初となる「公認心理師法案」が成立し公布されるなど、保健医療、福祉、教育、産業等の分野において今後ますます心理学の専門家の活躍が期待されています。

修了後の進路

臨床心理士
臨床発達心理士
公務員心理専門職
病院や施設の心理専門職
スクールカウンセラー
大学院博士後期課程進学

など

修了生の主な就職先

法務省/東京都スクールカウンセラー/埼玉県児童相談所/国立精神神経医療研究センター/武蔵野大学心理臨床センター など

臨床心理士第一種指定大学院

「臨床心理士」とは、臨床心理学に基づく知識や技術を用いて、人間の「こころ」の問題にアプローチする専門家です。日本には心の問題に取り組む職種として、心理カウンセラー、サイコセラピスト、心理相談員などの名称で呼ばれる方々がいますが、それぞれに明確な資格があるわけではありません。その中で「臨床心理士」は、文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格し、認定を受けることで取得できる「心理専門職の証」となる資格です。

本コースは、この公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の「第一種指定大学院」に認定されています。
そのため、修了と同時に臨床心理士の受験資格を取得できます。
(第二種校は修了後1年以上の実務経験が必要)。

臨床心理士試験合格実績

年度 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
合格者数 8名 10名 12名 10名 9名 9名 8名

実習紹介

臨床心理基礎実習

臨床心理の専門家として実際に活動するための基礎的な概念・知識のみならず、作法・倫理・自己管理・チームワーク・危機管理などを会得するとともに、ケースカンファレンスに参加し、報告するための基礎的な知識・態度を身に付けます。

臨床心理実習

受付、陪席、ケースカンファレンスへの出席、ケース担当、スーパービジョンなど、臨床心理の専門家を目指すために必要な実習を行います。なお、週に1日は昼間に約6時間、学内の心理臨床センターにて実習します。また、精神病院を含む学外諸施設での実習は年間計画を立て2週間ずつ連続して行います。

心理臨床センター

心理臨床センターでは本コースの実習を行うとともに、地域の方を対象(成人・子どもの両方に対応)とした電話相談やカウンセリング、心理療法を行っています。また、認知行動療法やプレイセラピーなど特殊な療法も実践しています。

一般相談部門

対人関係など基本的相談はもとより、犯罪被害などのトラウマに対する心理的な反応についても対象とし、特に暴力の被害者や事件・事故などによる被害者・遺族への心理的援助を行っています。

子ども相談部門

子どもと子どもと親のための相談室として地域の皆様に開かれています。乳幼児期から青年期にいたる過程で目立って捉えられる様々な課題に対して支援を行っています。

詳細は、下記ページをご覧ください

心理臨床センター

取得できる資格

専修免許状の取得 本コースで取得できる教育職員免許状は次のとおりです。

中学校教員専修免許状

宗 教

高等学校教員専修免許状

宗教・公民

なお、取得にあたっては希望の専修免許状の基礎となる一種免許状を取得していること、あるいは一種免許状を取得見込みであることが条件となります。

サポート体制

昼夜開講制

社会人の勤務形態を考慮し、働きながらでも無理なく研究を継続できるよう昼夜開講制を導入しています。
なお、臨床心理基礎実習や臨床心理実習、学外の実習や見学等は昼間のみの開講となるため、勤務形態により本コースの履修が困難な場合があります。

教育訓練給付制度

本コースでは、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます。

一般教育訓練給付制度

入試情報

入試情報(大学院入試)

2016年度開講科目 ※次年度以降は変更になる場合があります

開講科目

開講科目は、下記「履修要覧」よりご確認ください。

履修要覧(カリキュラム)新規ウェブページ

授業検索

各科目の概要や授業計画については、下記「シラバス」よりご確認ください。

シラバス新規ウェブページ

受験生の方へ

平成29年度入試 希望指導教員
大山 みち子 教授 小西 聖子 教授 辻 惠介 教授 藤森 和美 教授 城月 健太郎 講師
  • ※希望指導教員は変更になる場合があります。また、担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。

平成29年度の研究指導を行える教員とその専門分野、および希望する研究内容については、大学院ガイドブック(資料請求または下記PDF)をご覧ください。

武蔵野大学大学院 2017ガイドブック

教授大山 みち子  おおやま みちこ

担当科目 臨床心理基礎実習、臨床心理実習、臨床心理査定演習、臨床心理面接特論、臨床心理学総合演習1・2、修士論文演習、修士論文
研究領域 臨床心理学(心理療法および心理検査)
主な著作・論文 「カウンセラーのためのガイダンス」(共著)プレーン出版、「子どものトラウマと心のケア」(共著)誠信書房、「犯罪心理臨床」(共著)金剛出版
教育研究業績

教授小西 聖子  こにし たかこ

担当科目 心理学特別演習2、グリーフケア特論、臨床心理基礎実習、臨床心理実習、臨床心理学総合演習1・2、修士論文演習、修士論文
研究領域 臨床心理学、トラウマ・ケア、精神保健
主な著作・論文 「犯罪被害者の心の傷」(白水社)、「犯罪被害者遺族」(東京書籍)、「ドメスティック・バイオレンス」(白水社)、 「二次的外傷性ストレス」(翻訳・誠信書房)、「犯罪被害者のメンタルヘルス」(編著・誠信書房)、「ココロ医者、ホンを診る」(武蔵野大学出版会)
教育研究業績

教授小西 啓史  こにし ひろし

担当科目 社会心理学特論
研究領域 社会心理学、環境心理学
主な著作・論文 「社会心理学パースペクティブ」(誠信書房)、「社会心理学研究入門」(東京大学出版会)、「プロパガンダ」(誠信書房)、「環境心理学」(朝倉書店)
教育研究業績

教授田中 教照  たなか きょうしょう

担当科目 人間学特別講義
研究領域 仏教学、インド仏教、真宗学
主な著作・論文 「初期仏教の修行道論」(山喜房)
教育研究業績

教授辻 惠介  つじ けいすけ

担当科目 精神医学特論、臨床心理基礎実習、臨床心理実習、臨床心理面接特論、臨床心理学総合演習1・2、修士論文演習、修士論文
研究領域 司法精神医学、精神病理学
主な著作・論文 「犯罪心理学を学ぶための精神鑑定事例集」(青山社)、「[改訂版]精神保健の基礎と実際」(文化書房博文社、共編 著)、「Panic disorder cases in Japanese-Brazilians in Japan:Their ethnic and cultural confusion」(Psychiatry and Clinical Neurosciences 55)、「分裂病者の攻撃性の臨床精神病理学的研究−緊急措置入院症例の追跡調査から−」(精神神経学雑誌101)
教育研究業績

教授野村 信夫  のむら のぶお

担当科目 人間学特別講義
研究領域 分子生物学、ヒトプロテオミクス学
教育研究業績

教授藤森 和美  ふじもり かずみ

担当科目 学校臨床心理学特論、臨床心理基礎実習、臨床心理実習、臨床心理学総合演習1・2、修士論文演習、修士論文
研究領域 臨床心理学(トラウマ、危機介入、学校安全)
主な著作・論文 主著論文:北海道南西沖地震を体験した子どもの精神健康(1996)精神療法編著書:学校安全と子どもの心の危機管理 (2009)、学校のトラウマと子どもの心のケア実践編(2005)、子どものトラウマと心のケア(1999)、被害者のトラウマとその支援(2001) 誠信書房
教育研究業績

准教授泉 明宏    いずみ あきひろ

担当科目 生理人類学特論
研究領域 認知科学、認知神経科学
主な著作・論文 『Integrating face and voice in person perception』『The Origins of Language』(いずれも共著、Springer)、『 新編 感覚・知覚心理学ハンドブック Part 2』(共著、誠信書房)、『チンパンジーの認知と行動の発達』(共著、京都大学学術出版会)など
教育研究業績

講師城月 健太郎    しろつき けんたろう

担当科目 臨床心理学特論2、臨床心理基礎実習、臨床心理実習、臨床心理査定演習、臨床心理学総合演習1・2、修士論文演習、修士論文
研究領域 臨床心理学、認知行動療法
主な著作・論文 『社交不安障害の個人認知行動療法プログラム』(風間書店)
教育研究業績

基礎データ

課程 修士課程
学位 修士(臨床心理学)
資格 臨床心理士第一種指定大学院
修業年限 2年
キャンパス 有明キャンパス
入試情報 大学院入試
学費 学費
奨学金 奨学金
関連する機関・施設

心理臨床センター

人間科学研究所