HOME教育学部経済学部経済学科

学生対談 経済学科ってどんな学科?

経済学科

准教授 小坂 賢太
東京大学 経済学研究科 博士課程修了[ 博士( 経済学)]
研究領域:国際貿易、経済政策
金城 怜奈
3年
日体桜花高等学校 出身
岡部 華奈
3年
昭和第一高等学校 出身
             

経済学を学び始めたきっかけ

金城:高校生のころからテレビのニュースを見るのが好きだったんです。ちょうどアベノミクスやTPP がよく話題になっていて、詳しく学びたいと思ったからこの学科を選びました。
 
岡部:私は将来社会に出たらしっかり働きたいと考えていて、経済学科なら社会で必要な知識を得られると思ったからです。

IMG_1443

パソコンを使った授業やより専門性の高いゼミ

経済対談2

小坂:大学で実際に授業を受けてどうでしたか?

金城:「ミクロ経済学」では想像していたより数学を使うことに驚きました!私は高校であまり数学を勉強していませんでしたが、授業の復習をしっかりすることで理解できるようになりました。
 
小坂:頑張っていたよね。岡部さんはどう?
 
岡部:1年の科目では「経済学基礎」が面白かったです。全員がパソコンを持参して授業を受けて、いろいろなデータをもとにエクセルで表を作成したり。

金城:私もエクセルがだいぶ使えるようになりました。

岡部:うちは質問しやすい先生が多いよね。気軽に質問しても、わかるまで熱心に答えてくれる。メールで質問する人もいるみたい。
 
小坂:積極的に質問にくる学生が多いし、みんな結構勉強してるよね。
 
金城:テスト期間中に図書館に行くと経済学科の知り合いばかり。
 
岡部:みんな真面目にやってるんだなって思う。

経済対談1

金城:うちは男子のほうが多い学科だけど、男女関係なくみんなフレンドリーだよね。
 
小坂:ふたりは2年のプレゼミでは国際経済学を学びましたが、為替レートの決まり方といった、少し数学を使うものでも理解できましたか?
 
岡部:プレゼミで小坂先生にじっくり教わることでわかるようになりました(笑)

アットホームな雰囲気のゼミ

IMG_1401

小坂:ゼミでは難しいこともやるけど、打ち解けあって、仲間作りできる環境も結構重要な側面かなと思っていて、年末にピザパーティをしたよね。
 
金城:先生、めっちゃたくさんピザ食べてましたよね。あんな会も楽しいですね。
 
小坂:他の先生のゼミでは合宿してるところもあるんですよ。3年ではもっと学びを深めるために、日銀や東証に行くことも考えています。
 
金城:パワーポイントを使ってプレゼンもうまくなりたいです。

社会で活かせる学びを深める

小坂:ふたりは将来についてどう考えているの?
 
岡部:国際的な経済の知識を活かして、海外と関わりがある仕事につきたいです。それでグローバルな武蔵野大学を選んだんですよ。
 
金城:
私も経済を学んで、キャリアを重ねていけるような仕事をしたいです。同じような考えの女子はわりと多いと思います。
 
小坂:経済についての学びは、社会人として企業で働くうえで必要な知識ですし、どんな職業についても活かせます。そういう面でも経済学科はすごくいいと思います。頑張ってください。

IMG_1482

大学案内
学校法人武蔵野大学
採用情報
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職