HOME教育学部薬学部学部紹介

学部紹介

薬学部の理念は、基本的な薬学知識に加え、医療人として慈悲の心を持った、創造力豊かな実践力のある薬剤師を育成することです。具体的には、6年一貫教育の趣旨を活かし、教養教育から基礎薬学教育、医療薬学教育へと系統的な教育を行うことで、医療人としての高い倫理観と高度な専門知識を兼ね備えた実践力のある薬剤師の育成を目指します。卒業後は、チーム医療の中核を担う一員として病院や地域医療に貢献したり、研究員として製薬や化粧品開発などに関わったり、または、研究者としての道を歩むなど、薬剤師が社会で活躍できるフィールドは、多岐にわたります。武蔵野大学の薬学部では、こうした多様な薬学関連分野で活躍できるよう、最新の医療技術の進歩に対応できる、創造力豊かな人材の育成に取り組んでいます。
学部長メッセージ
薬学を学ぶ面白さを実感しながら
自分の可能性を広げてください
学部長 堅田 利明  教授
北海道大学 薬学部卒業[薬学博士(北海道大学・論文博士)]
研究領域:細胞のシグナル伝達機構
薬学を学んだ先には、薬剤師をはじめ製薬企業の研究者など非常に幅広い未来が待っています。本学で薬学の基礎を徹底的に学ぶのはもちろんのこと、それを応用できる力、学び続ける姿勢、さらに患者さんに共感できる心やコミュニケーション力といった豊かな感性も身に付けてください。最大の目標は国家試験合格ですが、私はそのためだけの6年間で終わって欲しくないと思っています。本学部は教員と学生の距離が非常に近く、世界の最先端の研究をしている教員やアルツハイマー病など、現在注目を集めている病気の研究を行っている教員もいます。世界を身近に感じられる薬学の楽しさを実感しながら、自分の可能性を存分に花開かせてください。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職