トップNews & Events

2017.06.12

平成29年度通信教育部シンポジウムを行いました

6月11日に有明キャンパスで、通信教育部シンポジウムを行いました。
今年度は、6月10日から開催された「日本トラウマティック・ストレス学会」の市民公開講演として、『虐待の発見とケア ―虐待は個人や社会にどのような影響を及ぼすか―』というタイトルで行い、約170名の方が参加されました。

学会の大会長である人間科学部の小西聖子教授は、「子どもへの虐待の個人への影響」をテーマに、精神医学、心理学の立場から、子どもへの虐待の歴史的概観や、子どもの頃に受けた虐待の長期的な影響について講演されました。

次に、ソーシャルワーカーでもある通信教育部の本多勇教授は、「虐待の発見とケア ―虐待は個人や社会にどのような影響を及ぼすか―」というテーマで、虐待関連の法律の対象や守備範囲についての説明や、家庭で起こる虐待と施設で起こる虐待の現状、一市民としていかに虐待のない支援(介護)を実現していくのかについて講演されました。

通信教育部では、今後もこのようなシンポジウムを続けていく予定です。

DSC05176

人間科学部・小西聖子教授による講演の様子

DSC05188

通信教育部・本多勇教授による講演の様子

DSC05206

当日は多くの方にご参加いただきました

DSC05171

司会を務める通信教育部・矢澤美香子准教授
 
 

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職