トップNews & Events

2017.12.04

第7回ユニバーサル未来社会推進協議会で西本学長が発表しました

12月1日(金)、東京ビックサイトで開催された2017国際ロボット展(主催:一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)内にて開催された第7回ユニバーサル未来社会推進協議会に西本学長が出席し、これまで武蔵野大学が行ってきたオリンピック・パラリンピックに関連する取組みについて発表しました。

ユニバーサル未来社会推進協議会とは、日本再興戦略(閣議決定)における改革2020プロジェクト「ユニバーサル未来社会の実現」を推進するために設置された協議会で、文部科学省を中心として内閣官房及び経済産業省を始めとする関係府省庁と連携の下、ユニバーサル未来社会の実現に向けた各種プロジェクトを進めています。

武蔵野大学は同協議会の会員であり、今回の協議会の中で台場・有明地区に位置する唯一の総合大学として、これまで武蔵野大学が行ってきたオリンピック・パラリンピックに関連する取組みについて発表し、2020年のオリンピック・パラリンピックや、その後のレガシーについて、当日出席の協議会役員の方と共に議論を交わしました。

協議会の様子

協議会の様子

西本学長による発表

西本学長による発表
<関連リンク>

ユニバーサル未来社会推進協議会
http://www.mext.go.jp/a_menu/universal/

2017 国際ロボット展
http://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職