トップNews & Events

2019.01.07

< 法学部 > < 学生生活・就職 > < 学生生活・就職 > < 就職・資格 > 

< 法学部 > < 学生生活・就職 > < 学生生活・就職 > < 就職・資格 > 

平成30年度 宅地建物取引士試験法律学科合格者21名の表彰式が行われました

平成30年度 宅地建物取引士試験において、本学法学部法律学科から、21名が合格しました。(最終集計)
内訳は、1年生4名、2年生8名、3年生7名、4年生2名です。またその内12名が法曹士業プログラム生(聴講生を含む)※です。
(※法曹・士業プログラムとは、司法試験、司法書士、不動産鑑定士、宅地建物取引士等を目指す法律学科の学生を対象に、
武蔵野大学が専従の弁護士講師陣を充てて合格に向けてサポートするプログラムです。)

このたび、各学年ごとに教室で表彰式が行われ、池田眞朗法学部長から記念の盾が贈られました。

2018宅建1年DSC_0884

1年生、法学2の金尾講師と

2018宅建合格IMG_9412

2年生、池田学部長の民法4Bの教室で

2018宅建表彰3年生-IMG_8495

3年生、企業エクスターンシップの鈴木教授と
法学部法律学科(2014年開設)では、下記のグラフのように、宅地建物取引士については毎年目ざましい合格者増を記録してきており、とくに今年度は1、2年生の伸びが顕著でした。
その他にも3年生では上位の法科大学院に2名の飛び級合格者(慶應義塾大学1名、中央大学1名)を出すなど、資格試験全般に今後のさらなる成果が期待されています。

合格実績グラフ

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職