トップNews & Events

2019.11.21

インドネシア・ランプン大学(Universitas Lampung)の大学院生の一行が本学を訪問しました

11月21日(木)にインドネシア・ランプン大学(Universitas Lampung)のMaster of Managementプログラム修士課程の学生32名と教員4名が有明キャンパスを訪問しました。

ランプン大学の一行は、Donna Weeks国際センター長による武蔵野大学の沿革や教育方針の説明を受けた後、グローバルビジネス学科長 黒木達雄教授によるディスカッションセミナーに参加し、グローバルビジネス学科および会計ガバナンス学科の学生十数名と、インドネシアと日本におけるデジタル経済をテーマに意見交換を行いました。
交流会には、同大学来校を企画された会計ガバナンス学科長 鷹野宏行教授と榮田悟志特任講師も参加しました。

ランプン大学はインドネシア国内9位にランクインする国立大学で、同大学のMaster of Managementプログラムはインドネシアの中でも定評のあるビジネススクールとして知られています。

1._グローバルビジネス学科長 黒木教授によるディスカッションセミナー

グローバルビジネス学科長 黒木教授によるディスカッションセミナー

2._ディスカッションの様子

ディスカッションの様子

3._記念撮影

記念撮影の様子

前のページに戻る

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究