学部
HOME学部>法学部

法学部

法学部

わが「新世代法学部」は、創設が新しいのではありません。基本コンセプトが新しいのです。まず法学部生の「多数派」の進路を考えた教育をします。国家の役に立つ人材や法曹界の担い手の育成も、法学部の目標の1つです。しかし、ビジネス界、国際舞台、地方自治など幅広い分野において社会をリードする人材を供給するのが、本来の法学部の使命でしょう。
法律学科では、民事基本法を中心にして憲法その他の科目を配置した4学期制対応の意欲的なカリキュラムで学び、企業のリーダーや公務員として活躍できる「ルール創り」の能力を育成します。政治学科では、選挙、地方自治、国際政治などを学び、留学機会を確保したカリキュラムで、NGOや国際機関など国際的な舞台で活躍できる能力を育成します。両学科とも最終的に目指すのは、幸福な社会の実現に向けて、安心・安全な地域社会や国家、国際社会の構築に貢献できる能力を身に付けることです。

法律学科 政治学科

民間企業と公務員を二大進路として、法曹その他資格試験にも対応できる「民事基本法先行集中学習」を採用して、「ルールを創って人々を幸福にできる」人材を育成します。

自己を取り巻く社会環境を理解し、公共精神と共生の視点をもった市民としての能力・技能を身につけることによって、持続可能な社会の形成に貢献できる人材を育成します。

法曹・士業プログラムバナー

育成プログラムバナー

グローバル・リーダーシップ・プログラムバナー

法学部長インタビュー

池田眞朗教授画像

池田 眞朗 教授

教員紹介 現職 本学法学部教授・法学部長
経歴 司法試験考査委員(新司法試験民法主査)、国連国際商取引法委員会作業部会日本代表、日本学術会議法学委員長等を歴任。慶應義塾大学名誉教授。現在金融法学会副理事長、日仏法学会理事、ABL協会理事長。2012年紫綬褒章受章。

本学法学部の受験をお考えの高校生・保護者のみなさまへ